上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
69 001
散々な結果に終わったレースでの”うっぷん”を晴らす為にもすぐに走れるよう準備をしました!

キャリパーのOHにはじまりレコード盤化したローターの研磨・・・。
すべて自己流なのが恐ろしいところ。公道、サーキット問わず命を守る重要な部分なだけに
本当はプロに任せたいところだけど、厳しいお財布事情から贅沢を言ってられません。
不安がありながらも今回は土日、たっぷり2日間を使い慎重にメンテナンスをしました。

69 002
炭化したキャリパーのダストブーツ・・・。

純正キャリパー時は走る度にブーツが燃えていたものの、F50キャリパーだと3回目の走行で
燃えました。レース用キャリパーのように「もうブーツなんかいらない?」とも思いましたが、
走行ごとのメンテナンス(ダスト除去)は大変だし万が一、シールを痛めて抜けてしまったら
それこそその時は命の保証さえありません。なのでここは我慢して新品のブーツに交換です。

69 003
苦労しただけにメンテナンス後は気持ちがいい!

ローターは半分研磨状態だけど、段差が50ミクロン以内なので見て見ぬフリw
超高価なRddローターをザックリ削る度胸はワタシにはありませんでした。
スリットが消えたら交換時期なので「消えるなー!」と心の中で叫んでましたが。

パッドも定期的に外して角を面取りしてやることで「キーキー音」を消す事が出来ます。
何か引きずるような嫌な感触もパッドの角が立っている場合に多いですかねぇ~。

キャリパーのダストブーツはなんでか純正ブレンボ用に買い置きしていたモノが合いました。
正確にはフロント用の大きい方とリア用がF50キャリパーの異径ピストンにジャストでした。
ダストブーツだけで3~4万するって脅されていただけに実はF50キャリは庶民の味方?w

てか、ピストン径が変わらないからブーツの持ちも純正並みなのかも。。
とにかく、正しいブレーキング法をマスターして自分に合うパッドを見つけ、更にはリアの
キャパも上げてやる事でブーツのライフは劇的に伸びる事でしょう・・・。

パワーを上げれば何とかなると思っていた自分が情けない・・・。
パワーは無くともトータルバランスに優れたマシンこそ最高のマシンだと思います。
1ラップスペシャルなマシンよりも1発のタイムも出せるし周回も出来るマシンがイイですねぇ~♪

理想は高いので道はまだまだ険しく長いかも(^^;



2009.05.09 ブレーキ!
68 100
去年の春に装着したばかりでまだ3回しか走ってないF50キャリパーが・・・

68 101
レース時に”えらい目”にあったパッドは残1ミリも無い位にまで減ってました。
いや、ホントにクルマもドライバーも無事で何よりでした。今回はダメでも次回また走れるし。。

68 102
前日にいつもの夫婦の共同作業・・・キャリパーのエア抜き時はダストブーツは問題無しでした。
パッド残も新品時の半分の7ミリ程度あったので全く問題無いと思っていたのに・・・。
でも、予選決勝合わせても僅か8周程度でダストブーツのゴムが炭化しました。

自分では認めたくないけど、、、
ブレーキングが下手だから
という結論に。。

これまでの考えが間違ってたけど、ブレーキを持たせるためには出来る限る短い時間でブレーキングを終わらせる必要があります。鋭くミューを立ち上げて早めにペダルから足を離し、冷やす時間をどれだけ稼ぐかでブレーキの”持ち”が全然違うんでしょう・・・。今回は、対応温度が300℃からのパッドを使うという事でダクトを装着しませんでした。早めに対応温度まで持っていきたかったからです。これも失敗でした。とにかくブレーキは冷やさないとどうにもなりません。

知っていた事とはいえ、走る上で「止まる」という事は一番大事な部分です。

今回は大失敗をしました。でも、辛うじて運が良かったせいか誰にも迷惑を掛けずに済みました。
なので、まだヘコたれてません。次にあらゆる対策をして挽回したいと思ってます。

実はまだハイランドもSUGOも純正キャリパー時のタイムを抜いてないし。何とか秋までには正しいブレーキング方法をマスターしパッドを決め、前後バランスも最適化しタイムを更新したいなぁ~と。

自分なりには頑張ったつもりでいても速い人はゴロゴロいるしマシンのセットアップはなかなか決まらないけど、いつもこんな感じなのでまた次があるんでしょう。今はとにかくレースがしたい! 次こそは抜かれずに完走したい! という訳で課題を忘れない内に今月中にもう1本走ってきます♪

最後にパッドは新品時の半分程度まで減ったら捨てましょう。。。



2009.04.15 Xデー!
65 177
4月12日(日)に我が家のサードカー「ライフ」がめでたく走行距離「77777キロ」を迎えました♪
「何か良い事があるとイイなぁ~」などと思っていたら嬉しいニュースが飛び込んで来ました!

愛車が修理を終え4月25日に戻って来ます!

忘れもしない、修理に持っていったのが2008年の9月21日だったので完成までに約7ヶ月!
ただ、素直に喜べないのが元に戻っただけの事。少しもパワーアップしている訳じゃないし。
それに持ち込んだ2セットものメタル・トリプルプレートクラッチが滑り結局別のモノを入れる事に・・・。

中古とはいえ、2セットとも高値だったメタルのトリプルが滑るだなんてホント予想外の結果。
安くなかったけど「安物買いの銭失い」とは自分の事でした。戻ってくるのは嬉しいけど何か複雑。。

で、シェイクダウンは5月3日の「東北No1決定戦」といきたいところだけど、足回りもノーマルな状態から1週間で準備は不可能。なので5月4日の「SUGO ドレスアップMTG」を目標に仕上げたいと思う。走るのは本当に久々でリハビリが必要だし、なんせお遊び走行会なので気分も楽だしね♪

てか、乗ってまた壊したら次はどうなるんだろ???(汗)
大事な車は乗らずに飾っておくのが一番だと思う。俺は無理だけど。。。

「SUGOドレスアップミーティングの詳細はこちらから~」


噂のタイヤ・・・

とっとと今のタイヤを減らして今年の秋には噂のこのタイヤを・・・
RE-11で仙台ハイランドを2分3秒0で走れれば2分フラットが出る!
RE-11でSUGOを1分36秒台で走れれば1分35秒台が出る!!

本音はセミスリックで走りたいものの、ホイールを何セットも用意出来ず。。
GT-R用のホイールは高すぎる。だからって弱いくせに重いホイールは嫌だしなぁ~。
今の「CE28」は重いホイールから履き替えると驚くほどに運動性能が上がります。
ケチって変なホイールを履いてフィーリングを落とす位ならCE28の1セットで勝負!
なので、遠出もするし買い物もするしだとやはり今はストリートタイヤが一番好都合・・・。
ノーマルボディのままで各部に負担なく走れてしまう事も良いところかなぁ~。

10数年前に発売した2輪用のタイヤでBSは大失態を犯しました。
今回の「RE-11」も同じようなミスを犯したと思います。
コンパウンドを変えた最新モデルでもそう劇的には変化してないでしょう・・・。

でも、まだチャレンジはしてないものの自分なりの解決策もあります。
なんせ「ポテンザ・エキサイティングステージ」に他メーカーのタイヤを履く事は出来ないし。
本気組は今年用に間違いなく「RE-01R」を温存していると思うけど、RE-11で真っ向勝負♪

宮城の両サーキットもいよいよオープン間近(3月14日~)です!

てか、何に乗って走ればイイんだろ?
やっぱライフ???(^^;




仙台ハイランドでダンロップタイヤなら58秒台は余裕かなぁ~なんて思ってたら更に上を行く「57秒台」が出ちゃいました。1500万オーバーのスペックVとはいえ、保証付きのノーマル・・・。

悔しいっす。

でもねー、スペックVではオプション設定になったあのダンロップタイヤを素直にストリートラジアルとして認める事が出来ないなぁ・・・。スキール音がまんまセミスリックだし(^^;

*加賀谷センセがなかなかDVDを貸してくれないのでYouTubeより拝借・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。