上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あと数日で定年を向かえこれから第二の人生を過ごすはずだった私の恩人でもある取締役が亡くなった・・・。

病名は食道癌。

確か一年前に吐血して検査の為、二週間ほど入院した。その時は特に異常は見つからなかったとの事でそれからまた大好きなタバコと酒をたしなんでいたなぁ~。でも、検査から一年後に倒れ、運ばれた時にはもう末期・・・。

「そんなのあり?」
「何の為の検査??」
「年に一度の健康診断でもダメなの???」

誰に怒りをぶつけて良いものか分からず、ただ無性に腹が立ったのを覚えている。

取締役との付き合いは以前に勤めていた会社から。
初めの印象はずいぶんと「ケチな人」
「自分の会社の事しか考えてないなぁ~」

それから数年、縁があり取締役と同じ会社で働く事となった。
小さい工場で育ち昔ながらの職人気質の私が上手く馴染んでいるかいつも心配してくれてた。

「やってらんない」
「辞める!」

当時は取締役の顔を見れば口癖のように言い困らせてましたっけ。
その度に二人でミーティング・・・。
何を話したのか今となっては覚えてないけど最後はいつも上手くなだめられ、次の日からはまた普通に仕事してたなぁ。たぶん、取締役の温厚な人柄とその話術に騙されてたのかも。
でも、そんな問題児も「我慢」を覚え、周囲にも馴染み取締役を心配させる事が無くなってからはミーティングではなく、世間話を含めいろんな話しをしたなぁ~。

そんな人が突然、病気でダウン・・・
しばらくは事実を受け入れる事が出来ず・・・

奥さんは? 娘は? 孫は?? 末端の部下とはいえ他人の私が心配する事では無かったがそれまであまりにもいろんな話しを聞いていた。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/82-bdcfed9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。