上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
top_main.jpg


昨年同様、今年も出場しようと思っていた「POTENZA EXCITING STAGE2006」東北地区予選が開催されました。
場所は昨年のエビス西から仙台ハイランドに変更されての開催です。

予定よりも遅れてしまったNewエンジンの製作とさらに数ヶ月のブランク期間もある事から強行での参加はせず今年は見送る事に・・・。でも、さすがに結果は気になるところです。しかし、参加できない悔しい思いから素直に見に行けないのもまたしょうもないプライドの高さ・・・(汗)

ワタシの予想ではオートランド山形で主催している「東北一決定戦」でのラジアルレースクラスでのリザルトから、まぁ2分4~6秒くらいは出るかも。。でもポテンザの大会なので全国各地からショップの完全バックアップ体制で参加してくる猛者がいるので2分2~3秒は出るかも知れない・・・と勝手な予想はしておりました。東北地区予選とは名ばかりで予選大会の最後を飾るのが東北地区なので関東勢は当然の事、西日本からの参加者もいる程に東北地区予選は盛り上がりを見せます。なので当然のようにレベルも上がる訳で・・・(汗)

仙台ハイランドのタイムですが、簡単に2分2秒とか言っても少し前なら「Sタイヤ」でも簡単に出せるタイムではありません。現在のコンパウンドが成熟期に入りつつあるSタイヤでさえ天候や気温、更には路面状態などの条件が良くないと2分フラットは出ませんので~。なのでストリートラジアルで2分2~3秒といったらもう普通では考えられないとんでもない領域と言えると思います。

で、本日の結果・・・
埼玉県の夢工房からエントリーしたS14が2分2秒台をマークしトップタイム!

どこかに実際はそんなに出ないかな?と思う自分がいただけに正直ショックを受けました。今回、優勝した夢工房S14がどんな仕様かは分かりません。てか仕様はどーでも良い問題です。本題はストリートラジアルで更には素人ドライブでも2秒台が出てしまったという事実です。サーキットでのタイムは闇雲にパワーを上げていけば出るという単純なものではないと思います。すべてはドライバーとマシンが高次元でバランスされ・・・。タイヤは最低限、ある程度のパワーをロス無く路面に伝える事が出来なくてはなりません。
恐るべし「ポテンザRE-01R」といったトコですかねぇ~。 
終わりかけのSタイヤには負けないポテンシャルを秘めてます。

ワタシはまだ今回開催された仙台ハイランドの走行経験は無いのですが、マシンのポテンシャルと自分自身の現在の技術、またコースを見ればある程度のタイムは予想出来ます。
ハイランドでの当初の目標は初走行で10秒切り、最終は6秒台には入れたいなぁ~などと甘い夢をみていました。
しかし、今回の結果から見ると全然タイムが足りません(涙)

とんでもない高い目標をまた一から立て直さなければなりませんが、ここで腐る事なく常に高い目標を持ち、無駄な走りをしないように心掛けていけば例え2秒台には届かなくても良い結果が出るような気がしています。まだハイランドでのシェイクダウンもまだなのにどこまでもプラス思考な自分に笑ってしまいます。ハイランドは12月に入ると閉鎖なので早めに本セッティングを終わらせてもらって11月中にシェイクダウンをしたいかなぁ・・・などと。。

一回くらいは走っておかないとシーズンオフを無駄に過ごしてしまいます。シーズンオフでのイメージトレーニングこそ技術向上には欠かせないと思ってますので♪ 冬を制する者は夏をも・・・(たぶん)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/7-d7a07976
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。