上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
75 085
大事な大会中にこんな撮影をしているからバチが当たりました(涙)

昨年はグリップに不満がありながらも「RE-11」を履いて走行してましたが、さすがに我慢出来なくなり今年の東北No1決定戦、SUGOサーキットゲームともフロントに「RE-01R」を履いて走行しました。やはりどんなに古くともミゾが無くても01Rのグリップには安心感がありアンダーとは無縁の性能を発揮してくれます。ただ、ポテンザ・エキサイティングステージの車検は触媒装着やタイヤのハミ出しチェックだけで無く残りミゾのチェックもされます。11装着で5000円のキャッシュバックの魅力もあり泣く泣く4輪に11を装着しました。SUGOだとすべてのコーナーで顔を出すアンダー対策としてフロントの車高ダウンにトー調整、リアのダウンフォースを減らすべくGTウイングの角度調整をしました。ちなみにテストしたフロントのみ「ハイパコ」はレートが高くなった影響もありアンダーが余計に増えてしまいすぐにアペックスN1ダンパーの吊るしのサスに戻しました。入りはイイものの、そこからは「ダダダー!」と全くタイヤが喰わずただただ外に逃げていく始末です。今回の11のアンダー対策にはドライビングは少々怖いものの、出来るだけロールさせて荷重を乗せてあげた方が良さそうな雰囲気です。

内圧もいろいろとテストしました。一般的に11は高めが良いと言われます。温感で2.5kから2.6kでしょうか・・・。ただ、ワタシの11はそこまで高いと全くグリップしません。強烈なアンダーが出ます。なので、今時期だと2.0kスタートで温感でも2.4k以内で走らないとダメでした。ここら辺の違いは08モデルと09モデルの違いのようです。あまりにもクレームが多くて09モデルの11は08と全くの別モノとの噂があるので・・・。

このような準備をしいざ本番へ・・・

<練習走行1回目>
SUGOは2ヶ月ぶりの走行です。様子を見ながら感触を確かめながらの走行で2周目にあっさり100秒切りの「1'39"232」をマーク。1回目の練習走行はコースと久々の4輪とも11に慣れておきたかったのでそのままアタックを続けるも3周目で明らかなグリップダウン・・・。ピットに入り、2.7kまで上がった内圧を2.4kに下げ再度コースイン。アタックを開始した周にコースにオイルが撒かれました。1コーナーのブレーキングでハンドルが急に軽くなり更には左右に振られ「パンクした?」て感じ。1周に渡りライン上にまんべんなくオイルがあったものの、他の参加者にも大きな被害は無く1回目の走行は終了!

<練習走行2回目>
この枠が大失敗でした。1回目同様、コースインは先頭だったものの、アタック開始前に油断をしてたら後ろのはなまるシブさんに抜かれてしまいました。すかさずシブさんをマークしていたもう1台のシビックにも抜かれパニックに・・・。後ろからはアタックを開始した集団が迫ってきます。タイミングが悪く青シビを抜くのにタイヤを使い果たしてしまいアタックを開始した頃にはオーバーステアになり全くタイムを出せぬまま終わりました。どうしても38秒台には入れておきたかったのでこの時に無理をして更にタイヤを酷使していたような気がします。タイムアタックは2回目の練習走行終了から僅か30分しか無かったのでこの枠の失敗がすべてでした。

<タイムアタック>
ここもお約束の先頭でのコースイン! どうも気の小さいワタシ的には前に誰かいるのは苦手なんです。単独で気分良く走った方が調子がイイので狙ってました。コースインしてからは誰も抜いてくる様子は無く静かに様子をみている感じ。この時にあれこれ考え過ぎました。いつも通りに楽にアタックをしていればもう少しまともなタイムが出たと思います。気合いが入りすぎてアタック周の4コーナーで痛恨のシフトミス。2速に入れるはずが4速に入ってました。シフトミスなんてした記憶が無いので何が起こったのか理解出来ずにその周はリカバリー出来ずに終了・・・。タイヤはもう1周使えます。気を取り直し気持ちを落ち着かせて次のアタックを開始した周では裏ストレートでクラッチを浅く踏みすぎて5速に入らず馬の背のコーナーリングまで影響し終了・・・。手前で切れるプル式クラッチでは無く今は奥で切れるプッシュ式に替えてあるのを忘れていたようです。今思えば1周目のシフトミスであせってたんですねぇ~。続けてアタックをしたものの、やはりアンダーから急にオーバーの特性に悩まされ3周目以降の走行は諦め2009年のポテンザ・エキサイティングステージは終了となりました。タイムアタックでは「1'39"318」がベストタイムでした。エントリーをした時には参加するメンバーの顔ぶれから絶対に無理だと思っていたファイナルアタック進出も自己ベスト付近を出していればギリギリ手の届く範囲でした。凹み具合も大きくなる訳です。。

さすがに大きな大会とあって車を見ても顔を見てもさまざまな雑誌で紹介されている有名人揃いです。大差を付けられるのは分かっていながらもエントリーしました。逃げるのは楽だけどやっぱり早く上手になりたいから。今、恥をかいたとしても来年はとんでもなく成長している自分の方がイイし。でも、トップとは想像以上の大差で驚いてると同時に大きく凹み中・・・。上手になりたいんだったらタイムアタッククラスではなくプロが指導してくれるスキルアップクラスにエントリーしとけば良かった・・・(^^;


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/218-34557330
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。