上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
74 150
今回のパッドは”winmax ARMA SSversion”

ミニサーキット走行をメインとしながらもSタイヤ専用のアルマシリーズでも1番ハードなパッドです。
レースで使うなら迷う事なく上級モデルの”ゼロス”になるものの、今回はゼロスを使う前の
基準作りの為にアルマを使う事にしました。価格の面でも各地での実績でも文句ナシのパッドです。

サーキットをメインに新しいパッドを発表したエンドレス製は納期の問題で却下でした。
F50キャリパー用の在庫は一切持たず受注生産で納期は3週間~1ヶ月との事でした。
ウィンマックスも在庫は持たないものの、今回は走行予定がありその旨を伝えたら、
僅か1週間足らずで到着しちゃいました。フットワークの軽さはウィンマックスに軍配です。

ただ、エンドレスの新しい磨材を使ったサーキット専用パッドの評判もかなりイイので
使ってみようと思ってます。アルマと同じく定価は2マソそこそこの金額だし。。

F50キャリパーは溢れているのでパッドは苦労せず手に入れられると思っていたものの、
そのほとんどが受注生産品でした。これからは常に在庫も考えなくてはなりませんねぇ~。

74 151
役目を終えたニスモの”R-tune”パッド。

サーキットはもちろんの事、フルコースでの10周レースでも街乗りでも使える魔法のパッドでした。
プレートの焼けもありません。パッド自体に熱がこもらず放熱性が良いのでフェード知らず。
効き自体は少々甘いもののコントロール性に優れ結果速いコーナーリングが可能になります。

さすがにニスモ製品とあって価格の面で難があるものの、とにかく凄いパッドでした!

74 152
リアは某オクで叩き売りをしていたトラスト製からアルマへ。

効きはCC-RやCC-Xと同レベル・・・との謳い文句と新品7000円という価格に
騙されての購入だったものの、特に不満はありませんでした。
サーキットでローターが青く輝くのがカッコ良かった・・・。

パッドも新調したし9月5日のポテンザ・エキサイティングステージ菅生決戦が楽しみとなりました♪


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/216-5584261e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。