上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月25日は勝手に「モータースポーツ・エンジョイ・デー」と決め、前日に最終セッティングを終えて納車されたばかりの愛車BCNR33と共に「仙台ハイランド」に行って来ました!

AM9時から「4輪サーキット講習会」を受け10時~12時まではカートを、そして12時半からは本コースにて先導付き5周1000円のファミリー走行を・・・そして14時からの4A枠でいよいよ本格的にハイランドデビューとなる計画です! この日は嫁は仕事、息子は保育園、終日フリーな身となり嬉しい事に給料日直後の休日なので財布の中身を気にする事なく一日中ハイランドでモータースポーツを楽しめる日となりました。

さて、講習会のお話しから・・・

ハイランドでの4A走行(市販ナンバー付き車輌)を走るにはハイランドで独自に発行している「4輪サーキット走行講習受講終了証」が必要となります。その終了証を頂く為には約1時間の無料講習を受けなければならないのですが、各フラッグや最低限のマナーを知っている方は免除されすぐに終了証を発行してもらえるそうです。ワタシも免除して頂きました。でも、各サーキットで独自のルールや最低限のマナー等がありますので面倒がらず受けた方が良いかもしれません。

この日は専有は無く昼までは4Aと4B枠だったのですが参加台数は5~6台程度・・・。もう貸切り状態です。その中、ただならぬ雰囲気を持つS14が2台・・・。「東北No1決定戦」の常連さんの「ガレージFLAT」の「ひとりさん」と「じんいえさん」でした。講習会の免除でカートが始まる10時まで時間があったので遠目でお二方を拝見してました(ストーカーちっく?w)

走行前の準備を見ているだけでもいろいろ参考になります。速い人のは特に!

お二方が走行開始・・・となりましたが、これがまた異常に速い! この日の最低気温は2℃で水溜りが凍っていた朝イチのサーキットとは思えない1分58秒台でのバトル・・・。ギャラリーはワタシだけ・・・。勝手にモータースポーツをエンジョイする日とはいえ朝イチから最高のバトルを見せて頂きました♪

inoさんのリンクから行ける「じんいえさん」のブログに納得させられる事も多く、綺麗事ばかりを載せている人とは違い自らの失敗談や初走行からのタイムをあえて公表してるなど以前から「じんいえさん」のブログの内容に好感を持っておりました。ブログにアップしているインカーで何度となくコースの勉強もさせてもらっていたので走行後にご挨拶を兼ねてお礼をしてきました。初の2分切りに興奮気味の「じんいえさん」そして自分の事のように喜んでいたガレージFLAT代表の「ひとりさん」と共にワタシもお二方の輪の中に入り一緒に大喜び(w

さて、ワタシも負けてはいられないと、いざカートコースへ・・・

この日は土曜日なので2時間5000円で10周1セットのフリー走行を楽しめます。少なくても50周・・・多いと80周は走れるので金額的にもリーズナブルで多くの走行経験が積めるので楽しみにしていました♪

前回の5年ぶりのカートでハイランドのコースは初となりましたが「34秒1」を出し今回は最低でも32秒台を狙っていました。実はこの時点でライバルであり良きアドバイザーの「加賀谷センセ」はワタシに内緒でコソ練を繰り返し常連さんでも難しいとされるレコードから1秒落ちとなる「32秒フラット」を連発したそうです。前日にあれこれテクの伝授をしてくれましたが、もう言っている事のレベルが高すぎてワタシにはもう理解出来ませんでした。なので今回は焦る事無く自分のペースで32秒台を目指す事にしました!

1本目「33秒179」
2本目「32秒929」
3本目「32秒743」
4本目「32秒733」
5本目「32秒771」

悔しいですがこの程度なら走行さえ重ねれば誰でも出せるタイムなんです。ただこれ以上のタイムを出すとなると「箱」での運転は下手になります。ワタシのレベルは4輪車を操るテクは未熟ながらもタイムを出すコツ(走行ラインやタイムアップのポイント等)は知っていた為、慣れていたエビス西ではある程度のタイムを出す事が出来ました。しかし、カートはせっかく覚えた「箱」でのテクや考えを崩していかないとこれ以上のタイムは出ないようです。「カートに乗っても下手になるだけ」ハイランドのカートコースをわずか数回の走行で常連さん以上のタイムを叩き出しカート担当の方までをも唸らせた加賀谷センセがそう呟いておりました。詳しい内容についてはまた機会があった時にでもお話ししたいと思います。

何はともあれ目標タイムをクリアし晴れて90ccに乗れるライセンスを頂きました~♪

目標だった32秒台を出してからも更に走り続けましたが32秒7付近がワタシの限界タイムのようです。何度かベストと同タイムを叩き出し少しは安定してきたものの現時点でのテクではこの程度でいっぱいいっぱいでした。32秒前半のタイムを出していた常連さんにもお話しを聞きましたが特に理論なども無く、とりあえず諦めず走っていればソコソコのタイムは出るそうです。てか、気になったのが、やはり「箱」と両立している方がいない事。他の常連さんも含め皆さん普段は落ち着いた車に乗っているご様子でした。。

Pim0003.jpg
最終走行のリザルト・・・とりあえず目標は達成されたのでこれで一区切りですが機会があれば次は更に0.5秒アップを狙います♪ この日のダメなトコはまた洗い出せたのでタイムアップの秘策はまだまだあります!

本コースでの5周1000円のファミリー走行会や初の4A走行などまだまだ続きはありますが大波乱となりましたのでまた別枠で記事にします。納車されたばかりのマシンはとりあえず原型を留めて無事ですが、痛恨の2回転のフルスピンを含めて計5回転はしたでしょうか・・・(涙)

「オレはスケート選手じゃねーよ!!」てな感じでした。。
カートでの経験は「箱」での運転を下手にするという噂は本当のようです(汗)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/20-be4cc74d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。