上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛車が入庫中の今のうちに今年一年分の家族サービスをしてしまおう!
という事で今回は「さくらんぼ狩り」に行って来ました♪

なんせこれから鬼のような支払いやサーキット走行料金やガス代などなど
家族が一丸となってワタシの道楽を支えていく事になるはずです。

ワタシの職場にはお金を節約しながらも最高級の遊びが出来る「達人」がいます。
今回はその達人の指導を受けネットでの情報は無視して
現地での聞き込み情報でさくらんぼ園を決める事にしました。

通常、さくらんぼは高級な果物です。一粒100円は当たり前で中には300円や
500円もするものもあるくらいです。なので「さくらんぼ狩り」とはいえやはり、
入園料が2000円~3000円は当たり前でお金がかかるのは仕方がないと
思ってました。しかし達人曰く、「中には良心的な栽培農家さんもいる・・・」との
アドバイスを受け、今回は朝イチから自らの足で稼ぐ作戦に出ました。。

観光バスや観光客が入り込めないような道を選んで進んで行くと・・・
ありました! 通常なら通り過ぎてしまいそうな住宅地の一角にあったんです。
ワタシが狙っていた趣味でやっているような「さくらんぼ園」でした。

6


入園料は大人1200円で子供が1000円・・・
子供料金が高いなぁ~などと少し疑問を持ちましたが中に入って納得の金額でした。

さくらんぼは太陽の恵みを受けて熟す果物なので木の下の方の芽は早いうちに摘んでしまいます。
でもここはさくらんぼ狩りを前提に育てているせいか小さい子供でも届く場所にいっぱい実ってました。
ワタシ自身もさくらんぼは木の上の方にあるもんだと思ってたので不思議な光景でした。

7

身長110cmの「だいだい君」でも余裕で摘み取れます♪
しかも分かりにくい場所のせいか貸切状態でした。。

ここのさくらんぼ園の方のお話しで車椅子での生活を余儀なくされている
おばあちゃんとそのご家族がここの噂を聞きつけさくらんぼ狩りにきたそうです。

これまでは低い目線から木の上の方にだけ実るさくらんぼを眺めるだけだったのが
ここでは車椅子ながら自らの手でさくらんぼを摘む事が出来たので感動して帰ったそうです。

そんな話しをうれしそうに話すおばちゃんが経営するさくらんぼ園を偶然とはいえ
選んだ事でワタシ自身も大満足のさくらんぼ狩りとなりました♪

来年の再会も約束し寒河江にある「山田園」を後にしました。
もう食べ過ぎて来年までさくらんぼは食べなくてもいいくらい・・・(汗)

おまけ・・・
8



http://d-garage.hp.infoseek.co.jp/

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/2-f1394e25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。