上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
69 017
ブレーキトラブルを回避するべく「ブレーキダクト」を装着しました!

材料はホームセンターで売っている「アルミ・フレキ」と呼ばれるもの。
なんでも素材が柔らかすぎてすぐに穴が開くとか・・・。

でも、今回はあくまでも効果の検証なので数万円のホースは避けました。
効果があり、装着方法と完璧な取り回しが決まったら「本物」を購入します。

最初は何も考えず75Φを購入したものの、純正ダクト径に合わずに100Φに変更・・・。
700円を惜しんでレシートを持っていき交換してもらいました。嫌な客です・・・(汗)

69 018
後期リップスポイラーに合わせてダクトも後期用を装着してました。
しかし、これが役立たず・・・。ホースを繋ぐにも形状が四角なのでどうにもなりません。
今回は安い材料であくまでも「暫定」なので強引にタイラップ止めとなりました。

装着していて気付いた事だけど、最初は太ければ太いほど多くの空気を送り込める・・・
などと安易な考えと純正のダクト形状から100Φを選択。

理想はキャリパー冷却よりもメーカー欠品中のハブと常時赤熱するローターの冷却に的を絞りました。

しかし、ハブもローターも走行中は回転しています。その回転力に送り込む空気の流速が遅いと弾かれてしまうような・・・。純正ダクトは「さすが!」の形状をしています。リップの大きい取り込み口にはじまり中に向かうほど径が絞られるファンネル形状で流速を一気に高める形状です。ただ、その先は更に流速を高める意味でもホース径はせいぜい50~60Φで留めるべき。じゃないとハブやローターの回転力に負け、せっかくのフレッシュエアが弾き飛ばされてしまいます。。

時すでに遅し・・・(滝汗)

69 019
レースは水曜日に迫っているので今回はこのままの仕様でレースです♪

オイル交換をしに「ジーイング」へ行ったら「飾り?」とか言われてヘコんだり・・・。
次こそはもう少しまともなダクトを作りたいなぁ~と。いつになるか分からないけど。。

とりあえず、SUGOのストレートでダクトがどこかに飛んで行かず10周レースを走りきれる事を祈るのみ(^^;



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/199-6e70c792
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。