上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
69 001
散々な結果に終わったレースでの”うっぷん”を晴らす為にもすぐに走れるよう準備をしました!

キャリパーのOHにはじまりレコード盤化したローターの研磨・・・。
すべて自己流なのが恐ろしいところ。公道、サーキット問わず命を守る重要な部分なだけに
本当はプロに任せたいところだけど、厳しいお財布事情から贅沢を言ってられません。
不安がありながらも今回は土日、たっぷり2日間を使い慎重にメンテナンスをしました。

69 002
炭化したキャリパーのダストブーツ・・・。

純正キャリパー時は走る度にブーツが燃えていたものの、F50キャリパーだと3回目の走行で
燃えました。レース用キャリパーのように「もうブーツなんかいらない?」とも思いましたが、
走行ごとのメンテナンス(ダスト除去)は大変だし万が一、シールを痛めて抜けてしまったら
それこそその時は命の保証さえありません。なのでここは我慢して新品のブーツに交換です。

69 003
苦労しただけにメンテナンス後は気持ちがいい!

ローターは半分研磨状態だけど、段差が50ミクロン以内なので見て見ぬフリw
超高価なRddローターをザックリ削る度胸はワタシにはありませんでした。
スリットが消えたら交換時期なので「消えるなー!」と心の中で叫んでましたが。

パッドも定期的に外して角を面取りしてやることで「キーキー音」を消す事が出来ます。
何か引きずるような嫌な感触もパッドの角が立っている場合に多いですかねぇ~。

キャリパーのダストブーツはなんでか純正ブレンボ用に買い置きしていたモノが合いました。
正確にはフロント用の大きい方とリア用がF50キャリパーの異径ピストンにジャストでした。
ダストブーツだけで3~4万するって脅されていただけに実はF50キャリは庶民の味方?w

てか、ピストン径が変わらないからブーツの持ちも純正並みなのかも。。
とにかく、正しいブレーキング法をマスターして自分に合うパッドを見つけ、更にはリアの
キャパも上げてやる事でブーツのライフは劇的に伸びる事でしょう・・・。

パワーを上げれば何とかなると思っていた自分が情けない・・・。
パワーは無くともトータルバランスに優れたマシンこそ最高のマシンだと思います。
1ラップスペシャルなマシンよりも1発のタイムも出せるし周回も出来るマシンがイイですねぇ~♪

理想は高いので道はまだまだ険しく長いかも(^^;



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/195-2a2849ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。