上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気持ちは3秒台前半・・・。
でも、1年ぶりのサーキットだしハイランドは1年半ぶり。

「まぁ、でもRE-11だしぎりぎりで3秒台には入るでしょ!」

な~んて思ってアタックしたものの、やはりワタシの11も世間の11と一緒で最悪のフィーリングでした。菅生は回り込むコーナーが少ないので11の欠点が出難いコースだけど、ハイランドはごまかしがききません。アンダーアンダーの連続で何度コースから飛び出しそうになった事か・・・。

どうも「斜め」のフィーリングが悪く、ステアリングの切り始めと立ち上がりで無反応な時間がある感じ。反面、縦と横は「RE-01R」以上で超重量級マシンでも充分に合格点をあげられるので欠点が余計に目立つ始末・・・。リアの蹴りだしは強くて車を前に前に進めてくれるんだけどフロントが弱いからプッシュアンダーになってしまう。縦横斜めのグリップのバランスが悪すぎる。01Rの時は向きが変わってなくてもアクセルを入れてればタイヤのグリップと性能でカバーしてくれてガンガン前に進んでたのでこんな苦労はなかったなぁ・・・。ホントはもっと丁寧に乗ればキレイに走れるんだろうけど自分のイメージとかけ離れた動きをするというか思い通りに反応してくれないのでどんどんドライビングが荒くなる感じ。車の向きをしっかり変えられる人にとっては縦が強烈に強いのできっと良いタイヤなんだろうけど。

去年の春に菅生を走った際にフロントに違和感がありショックのOHをしたけど、これは単に11の悪い癖が出ていただけでショックうんぬんの話しでは無かったのかなぁ~と。

とにかく、フロントヘビーで嫌でもフロントに荷重が乗ってしまうGT-Rには不向きなタイヤです。
昨年のポテンザGPで上位勢が「RE-01R」だった事が本日の走行で納得でした。

・・・と、悪い事ばかり書きましたが良い点も、、、

①乗り心地が良い
②タイヤノイズが気にならない。
③街乗りでもサーキットでも減らない。
④鬼キャンでも内減りしない。
⑤冷えていてもホイールスピンしない。

総評すると「RE-11」は間違い無くストリートタイヤです。
決して重量級マシンに履いてサーキットを走ってはいけません。
てか、軽量級のヴィッツ・レースでも今となっては表彰台を狙えないタイヤだけど。

とにかく、3周しか持たないブレーキと共にレースまでに何か別の作戦を立てないと。。

もう間に合わないけど(^^;


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/189-6093ea90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。