上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
63 003
不況の影響で強烈に仕事が暇なのと手元に愛車GT-Rが無いとここまで暇か!
いやぁ~、こんなに時間を持て余している人生もいかがなものか?と最近では疑問も・・・。

でも、あせってばかりの人生でもこれまた考えもの。
こんな時は家族サービスや子供の教育に時間を使うのも悪い事ではありません。
人生なんて生きている限りボランティアみたいなものです。
家族の為、人の為にいくら時間や労力、またはお金を費やしたかでその人の価値が決まります。
自分の目先の利益の為だけの人生は・・・いかがなもんでしょ(^^;

という事で、今回は「仙台市天文台」に行って来ました♪

遠くに行かなくても近場でもまだまだ足を運んでいない施設はまだまだたくさんあります。
周りの市町村に比べ、仙台市民は強烈に高い市民税を徴収されているので利用しない手はありません。しかし、入場料が大人600円+プラネタリウム料金600円・・・。セット割引を利用しても1000円・・・。ウチの子供は仙台市の小学校に通っているので仙台市の施設はすべてフリーパスで無料なんだけど大人が高すぎです。。

63 005
高額の入場料金に萎えながらも中に入ってみたら・・・
驚きでした。とても美しく幻想的な空間でした。期待「小」だったのでチト感動♪

63 006
職人魂のこもった一品・・・
「コンテンギ」という天体の位置を測る道具らしいです。
1776年、江戸時代に仙台の天文学者が研究する為に製作されました。

木製だと思いますが、細部まで手抜きの無いクオリティの高さに感動・・・。
300年も前の江戸時代に既にこんなものを作る技術があったんですねぇ~。

63 007
こちらも江戸時代に仙台の天文学者が月の観測に使っていた「天球儀」です。
てか、江戸時代には既に地球が「丸い」と知っていたのかどうなのか・・・。

日本の天文学者の紹介だけでは無く、「地動説」を唱えたコペルニクスや望遠鏡で初めて宇宙を覗いたガリレオ・ガリレイ、「万有引力の法則」を確立したニュートンなど、とても分かりやすく説明されているコーナーもありました。学生時代には見向きもしなかったジャンルだけに今になって興味が湧いてきたような・・・。何百年も前の恵まれている環境でもない中ですごい研究をしてたんですねぇ~。驚きです。

ゆっくり2時間近くかけて館内を回ったら疲れきっている心身がとても癒されました。
「タイムなんてどうでも良くねぇ?」みたいなw
「自分が楽しければ良くねぇ?」ともww

周りを敵に回して例えライバルを蹴落としたとしてもその先には何もないような気がします。
そんな自分の間違いを気付かせてくれる「偉大」さがここ「仙台市天文台」にありました。

まぁ、そこまで大げさな施設でもないんだけど。。。
でも、良いトコでした。広い無限に広がる宇宙を少しでも知ると何だか大らかな気持ちになれます。

63 009
土曜の夜は「天体観望会」も開催されてます。

63 010

63 012
日本最大級といわれる「プラネタリウム」ではさまざまなイベントが行われており、ワタシが行った時は仙台で活躍する詩人「武田こうじ」さんの朗読会がありました。あまりにも優しい語りと美しい声が子守唄となってしまい終始爆睡・・・。

ワタシにとって仙台市天文台は癒しの空間となりました。
立て続けに何回も行く場所では無いと思いますが季節の変わり目にはその時期の星を調べがてら足を運びたいと思っています♪

ちなみに今回の撮影に使用したカメラは「キャノン IXY DIGITAL910IS」
全く撮影する気のないままに会場入りしましたが幻想的な雰囲気が気に入り撮りたくなりました。
急遽、奥様用のカメラを奪い撮影に走りましたが、これがまた簡単で楽チンでおまけにキレイ・・・。
こんな会場ではデカくて重い「デジタル一眼レフカメラ」の存在価値が疑問に思えてきた。
やはり人混みの中ではスマートにコンパクトなカメラがイイですねぇ~。

先日、夢メッセで行われた「軽&2輪車ショー」で必死に女の子を追うカメラ小僧に寒気を覚えました。
なので、その日以来「大きいカメラ」恐怖症・・・。何事もスマートに!ですかねぇ~。。。

「仙台市天文台」
http://www.sendai-astro.jp/index.html





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/174-aea05e81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。