上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061009082332.gif


Newエンジンを載せてからの走行が2500kを超え、いよいよナラシも最終段階となりました。2000kまでのナラシは過剰な負荷を嫌いすべて一般道でこなしましたが、いよいよ最終段階に突入です。MAX5000rpmのブースト0.5k走行はさすがに一般道では危険な領域です。2000k以降は場所を高速道路に移して引き続きNewエンジンのナラシをしています。

これまではアイドリングスタートからアクセルを柔らかく踏み徐々に設定回転数まで針を上げていく方法でしたが、4000rpmまでのアタリが出た事で場所を移した高速道路では4000~5000rpmまでの領域に的を絞り走行しています。4速5000rpmだと車速は150kほど出るので諦め3速での走行です。5000rpmまで引っ張り到達を確認したらアクセルオフで4000rpmまでゆっくりエンブレを効かせながら回転を落とします。4000rpmまで落ちた事を確認したら再度アクセルオンで5000rpmに・・・。これの繰り返しを延々と続けています。欲を言えばピストンの熱による真円度の状態やピストンリングの減りを考え最大負荷を掛け続けるタイムアタック時の水温と油温を保ったままでのナラシをしたかったのですが、さすがにその領域までは上昇しなかったのでまだ本体がうなるような高負荷状態でのナラシはしていません。

時間的にもなるべく連続走行は避け、長くても1時間を目安に走行を続けました。ここまで神経質になるのはやはり少ない距離で早くアタリを付ける事で本セッティング時には万全の体制で望みたいからです。ただ走行距離だけを稼いだ適当なナラシでは最終セッティングを終えてもしばらく走行すると微妙に燃調が・・・と、思えてなりませんでした。

5000rpmまでのナラシはアイドリングスタートからブースト0.5kのまま5000rpmまで引っ張り回転上昇のスムーズさでナラシの進み具合を判断出来ます。まだ4000から上が重いかな?と思ったので効率の良さを求めETCの通勤割引き制度を利用しながら高速でのナラシを500kほどこなしました。

あとは峠などで適度な負荷を掛けながらドライブを続けていけばいよいよナラシの完了となります。まぁ、本セッティング時には信じられない位にエンジンを回しますのでナラシの最終段階ではあまり神経質にならず思いっきり回してあげようと思ってます。でも、ナラシでこれだけ神経質になれたのも年収を考えず製作して頂いた手組みエンジンのお陰かなぁ~と。ワタシの周りでもこれだけのナラシは前例がなくナラシに拘りを持って走行を続けてきた事できっと本セッティング後は使用パーツ以上のポテンシャルを発揮してくれる事でしょう。。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nabesendai.blog68.fc2.com/tb.php/10-f0786dd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。