上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
73 036
地元SUGOで行われた「GT選手権」のイベントの中に「カート教室」がありました。

ハミルトン親子に憧れるワタシ的にはGTの本予選より大事なイベントです。
無料だったので大人気だったものの、数少ない枠を手に入れARTA所属の若手ドライバー直々に
カートの操作方法を教えて頂きました。こちらも無料のキッズピットウォークをはじめGTは本当に
子供たちを大事にしてくれます。モータースポーツの火を消さない為にも当然の事とはいえ、
感激さえしてしまいます。各チームからもお土産をいっぱい頂きまた思い出深い1日となりました♪

73 037
ハミルトン・パパに憧れるワタシ的には甘っちょろい教えの若手ドライバーから先生役を奪い取り、
ワタシの知識を息子に伝授しました。ほとんどのカートのブレーキはリアにしかありません。
右足で操作するアクセルを抜いてから左足でのブレーキングでは荷重がフロントに乗ってしまうので
ブレーキの効きが甘くなったり簡単にロックしてしまいます。両方の足を使えるメリットを最大限に
活かすよう熱血指導しました。お父ちゃんもサーキットに行けばコンマ数秒単位の戦いをしています。
いつまでこの命が続くのか予想できません。今のうちに持っている知識をすべて息子に・・・と。。

73 038
お父ちゃんの熱血指導の成果か、気分はすでにハミルトンばりのコーナーリングを披露・・・。
姿勢も悪くないしステアリングさばきも完璧だし何よりも次のコーナーを狙う視線がイイ感じ。
次のステップではフロントタイヤを使った車速コントロールのテクニックを教え込む予定です。。

犬の散歩・・・とか笑ってる人がいたけど気分はもうハミルトン親子なので無視w

73 039

73 040
一流のレーサーになるとお金がいっぱい貰えるしこんなキレイなおねえさん達と
仲良しになれたりと良い事づくしです。ここも大事な事なのでしっかり息子に伝えました。

ワタシの息子なのでお金よりもおねーちゃんネタの方に喰い付いて
「カートに乗る!」とか言い出したりして・・・(^^;



スポンサーサイト
73 001
予選日のみの観戦とはいえ、GTは凄いレースです!

10時前には到着しながらも菅生のゲートをくぐるまでにこんなに歩いたのは初めてでした。
観戦に来たお客様はそのほとんどが関東勢! 熱狂的な方々が多数いました(汗)
アマチュアカメラマンの機材の豪華さにも驚かされました。もう素人の域を超えてます。
異常に手足の長い「おねーちゃん」にも驚かされたし毎年恒例とはいえGTは凄すぎでした。。

今回は女房子供も慣れたせいか各イベントに参加するべく別行動をしてくれました。
ワタシ的にはプロドライバーの予選アタックが気になりグランドスタンドでの観戦となりました。
イメージでは1発で決めてくるだろうと思っていた予選アタックはほとんどのチームが時間内を
走りまくりです。3秒落ちくらいからスタートし周回を重ねるごとにコンマ数秒づつ上げてきます。
これまでこんなに真剣に予選を見ていた事が無かったので驚かされましたっけ・・・。

プロでも1人10周程度周回してその日のベストタイムを出していたので素人が僅か1周のみで
ベストタイムを刻めるはずはありません。周回に耐えるエンジンやタイヤを使っているとはいえ
プロも人間なんですよね~。どこか安心したし予選日のみの観戦でも多いに参考になりました!

両隣で撮影していた方々の機材と比べるとコストは10分の1程度・・・(^^;
K100Dのシャッター音のダサさも気になったけどみんな知らない人だし気にせず撮影♪

73 020

73 024

73 023

73 026

73 025

73 022

73 027

73 028

今回の1等賞♪w
73 030




2009.07.23 GT選手権!
52 011
毎年恒例のスーパーGTを見に今年も行きます♪

チケットが手に入らなかったのでこれまた恒例の土曜日の予選のみの観戦だけど。。
でも、予選日には「キッズ・ピットウォーク」なるイベントがあり昨年も楽しませてもらいました。
「マッチに会える~」と嫁も大喜びなので予選日の入場料と駐車料金は出してくれるはずw

さて、美しいおねーちゃんに心を奪われること無く今年も何か「ヒント」を見つけてこないと・・・。



72 001
地元SUGOで開催されている「ビクトリーカップ」を観戦してきました!

義理の父親から「釣り」に誘われていたものの釣りが苦手なワタシ的にはあらゆる言い訳を用意して
何とか逃げ切りましたw 女房子供は釣りに行ったので自由気ままにレース観戦となりました。

この日はビクトリーカップと名が付いているものの、「東北ツーリングカーレース」
「東北シビック・インテグラレース」 併催で「JMRC東北ヴィッツレース」「PCJ CUP」
「Lotus CUP エリーゼ」「Lotus CUP 2-Eleven」も開催され豪華なレースとなりました。

あ! 初めて観る「F4」のレースもありました♪

↓庶民の感覚では考えられないようなマシンでレースをする「PCJ CUP」
 上位のマシンは1分30秒を斬るタイムで周回しちゃいます(汗)
72 003

72 007

72 008

72 009

F4とは名ばかりで中身はほぼ「F3」のフォーミュラーカーです。
1850ccという排気量ながら菅生のコースを1分20秒そこそこで走りきります。
この中から将来有名になるドライバーが出てくるんでしょうねー(^^♪
72 010

72 011

72 012
期待のF4ドライバー「森下クン」もいました!
知る人ぞ知る地元のヒーローなんです♪

通常、カート出身者が多い中で異色の峠上がりのフォーミュラードライバーです。
地元FM局も応援しているので知名度も上昇中! この日はカラスコも森下クンの応援に来てましたw

「Lotus CUP エリーゼ」
72 013

「Lotus CUP 2-Eleven」
72 014

72 015

72 016
屋根は無いしドアも無い! でも、保安部品は付いているので公道走行が可能???

豪華なレースを観れたし有意義な1日となりました。
草レースで十分だけどJAFが仕切る「公式レース」に興味があり観戦となりました。
しかし、国産車クラスはヴィッツレースを除いて参加台数の問題からか不成立・・・。
4クラスもあるツーリングカー、シビック・インテ共に残念な結末となりました。

まぁ、厳しいレギュレーションに縛られるレースよりも自由にチューニングしたマシンでエントリー
出来るレースがあるのでそれで十分です。激しいチューニング合戦をしても借金を背負うだけなので、
自分自身で他の影響を受けないレギュレーションを作って楽しむのが一番だと思います♪



2009.07.12 お手本♪
今月号の「ベストモータリング」で変態タイムがまたまた出ました!

R35GT-R 09スペックでSUGOを「1分33秒7
09スペックとはいうものの、08モデルも無償で09モデルのシフトコントロールプログラムにしてもらえる
とか、ニスモのパーツを単品購入可能とかのおまけ付き! という事は、35オーナーは誰でも33秒7
を出したRと同じポテンシャルになってしまう事に・・・。
この事実を記憶から消した方がイイものか意識するべきか多いに悩むところ。
てか、意識したところでこんなタイムに対抗出来るはずも無く(^^;

プロがドライブしたニスモ34やF50、911GT2でも1分38秒台で横並びだった事を考えると、
ノーマルで33秒台というタイムはやはり異常です。改めてすげーマシンだと思います。。



こんなマシンを手に入れたら30秒斬りも夢では無い?! おまけに可変ウイングがヤバイw
てか、ザウルスのとっくりさんのブログを見てるとすでにこんなマシンが普通に走ってるし・・・(^^;)

とにかく、35と同じクラスでレースは勘弁ですねぇ~。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。