上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
63 003
不況の影響で強烈に仕事が暇なのと手元に愛車GT-Rが無いとここまで暇か!
いやぁ~、こんなに時間を持て余している人生もいかがなものか?と最近では疑問も・・・。

でも、あせってばかりの人生でもこれまた考えもの。
こんな時は家族サービスや子供の教育に時間を使うのも悪い事ではありません。
人生なんて生きている限りボランティアみたいなものです。
家族の為、人の為にいくら時間や労力、またはお金を費やしたかでその人の価値が決まります。
自分の目先の利益の為だけの人生は・・・いかがなもんでしょ(^^;

という事で、今回は「仙台市天文台」に行って来ました♪

遠くに行かなくても近場でもまだまだ足を運んでいない施設はまだまだたくさんあります。
周りの市町村に比べ、仙台市民は強烈に高い市民税を徴収されているので利用しない手はありません。しかし、入場料が大人600円+プラネタリウム料金600円・・・。セット割引を利用しても1000円・・・。ウチの子供は仙台市の小学校に通っているので仙台市の施設はすべてフリーパスで無料なんだけど大人が高すぎです。。

63 005
高額の入場料金に萎えながらも中に入ってみたら・・・
驚きでした。とても美しく幻想的な空間でした。期待「小」だったのでチト感動♪

63 006
職人魂のこもった一品・・・
「コンテンギ」という天体の位置を測る道具らしいです。
1776年、江戸時代に仙台の天文学者が研究する為に製作されました。

木製だと思いますが、細部まで手抜きの無いクオリティの高さに感動・・・。
300年も前の江戸時代に既にこんなものを作る技術があったんですねぇ~。

63 007
こちらも江戸時代に仙台の天文学者が月の観測に使っていた「天球儀」です。
てか、江戸時代には既に地球が「丸い」と知っていたのかどうなのか・・・。

日本の天文学者の紹介だけでは無く、「地動説」を唱えたコペルニクスや望遠鏡で初めて宇宙を覗いたガリレオ・ガリレイ、「万有引力の法則」を確立したニュートンなど、とても分かりやすく説明されているコーナーもありました。学生時代には見向きもしなかったジャンルだけに今になって興味が湧いてきたような・・・。何百年も前の恵まれている環境でもない中ですごい研究をしてたんですねぇ~。驚きです。

ゆっくり2時間近くかけて館内を回ったら疲れきっている心身がとても癒されました。
「タイムなんてどうでも良くねぇ?」みたいなw
「自分が楽しければ良くねぇ?」ともww

周りを敵に回して例えライバルを蹴落としたとしてもその先には何もないような気がします。
そんな自分の間違いを気付かせてくれる「偉大」さがここ「仙台市天文台」にありました。

まぁ、そこまで大げさな施設でもないんだけど。。。
でも、良いトコでした。広い無限に広がる宇宙を少しでも知ると何だか大らかな気持ちになれます。

63 009
土曜の夜は「天体観望会」も開催されてます。

63 010

63 012
日本最大級といわれる「プラネタリウム」ではさまざまなイベントが行われており、ワタシが行った時は仙台で活躍する詩人「武田こうじ」さんの朗読会がありました。あまりにも優しい語りと美しい声が子守唄となってしまい終始爆睡・・・。

ワタシにとって仙台市天文台は癒しの空間となりました。
立て続けに何回も行く場所では無いと思いますが季節の変わり目にはその時期の星を調べがてら足を運びたいと思っています♪

ちなみに今回の撮影に使用したカメラは「キャノン IXY DIGITAL910IS」
全く撮影する気のないままに会場入りしましたが幻想的な雰囲気が気に入り撮りたくなりました。
急遽、奥様用のカメラを奪い撮影に走りましたが、これがまた簡単で楽チンでおまけにキレイ・・・。
こんな会場ではデカくて重い「デジタル一眼レフカメラ」の存在価値が疑問に思えてきた。
やはり人混みの中ではスマートにコンパクトなカメラがイイですねぇ~。

先日、夢メッセで行われた「軽&2輪車ショー」で必死に女の子を追うカメラ小僧に寒気を覚えました。
なので、その日以来「大きいカメラ」恐怖症・・・。何事もスマートに!ですかねぇ~。。。

「仙台市天文台」
http://www.sendai-astro.jp/index.html





スポンサーサイト
2009.02.20 雪!
仙台では珍しく大雪が降りました!
何だか通勤が楽しくなる予感・・・。
62 043

62 044
僅か「9cm」の積雪でも仙台ではパニックになった模様・・・。
普通に丁寧に走っていれば滑る事は無いのにありえないくらいの大渋滞。

でも、雪道では安全運転が一番です。
4WDだからといって飛ばしている人があちこちでひっくり返っている始末。
発進は楽でも止まる時やコーナーリング、氷っている路面では逆に邪魔になるんです。

自分が悪くない事故でもいざ巻き込まれると何かと大変だし次の年に保険料だって上がるかもだし、免許更新の際には30分講習のみで済む優良運転者とはなりません。9:1で相手が悪い巻き込まれ事故でもです。保険会社同士の痛み分けとか言われてるけど、巻き込まれる側にもほんの僅かながらの要因はあると思うんです。

なので特に事故になる可能性がある雪道は安全運転が一番♪
マシンコントロールを楽しむのは民家も無く誰もいないクローズド・コースで・・・(^^;


結婚を機にスポーツカーを降りてしまった同僚から頂いたタコメーターをライフに装着♪

以前から引退?の噂を耳にしていたワタシ的には「何とかなる!」と説得力もないままに励まし続けてきたものの本人の強い意志で降りてしまった。でも、お金が有り余ってるならまだしも、明確な目標や目的も無いまま、ただダラダラ乗っているワタシに比べれば「大人」な判断だと思います。立派です。不況の中でも会社がどうにかなってもきっと家族を守る事が出来るだろうし、その意志の強さを持っていれば当の本人もこの先幸せな人生を過ごす事が出来ると思うなぁ・・・。

で、形見のタコメーターを譲り受けたワタシはライフに装着する事を決意!
立派で存在感の大きすぎるタコなのでホントはレスポンスの悪すぎる純正タコが装着されているGT-Rに装着したかったものの車が無いので諦めた。ニスモメーターとはいえ純正タコは安定性重視の為か、ワンテンポ遅れて針が上昇します。ノーマルエンジンなら問題ないものの、手組み本体にGT-SSタービン&Vカム装着車では全くの役立たず。回転上昇に針が追いついて来ないので高負荷走行時には命取りにもなるし。。

62 014

GT-Rの作業なら資料が無くともネット環境さえあれば何でも作業が出来てしまう。
でも、わずか1年半しか生産されなかったJA4ライフの情報などいくら探しても無いんです。これまでの経験を活かしてあれこれ探索するものの、肝心のECUすら発見出来ず・・・。いや、マジで自信を失ったなぁ・・・。せめてECUさえ見つけられればすべての線を順番に繋いでいけばいつかは回転信号を見つけられます。車内は早々に諦め、次は確実なデストリビューターから回転信号を取りました。キャブ車はデスビからしか回転信号を取れないみたいだし、タコメーター用で出力しているECUよりもより正確だと言われています。

まずはエンジンルームで動作を確認♪

で、更なる問題はここから・・・
回転信号を問題なく見つけたものの、エンジンルームから車内へ引き込むサービスホールがありません。正確にはあるものの、絶対に手が入らない場所にあります。作戦を替え、デスビから出ている回転信号線を辿り、車内でその線を見つけようと頑張るものの、それらしい線は50本以上・・・。おまけに、電源やイルミを繋ごうと思っていたコンポの配線はダッシュボードを全て外さないと辿り付けない模様・・・。

当時、人気があったJA4ライフが僅か1年半しか製造されなかった理由が分かったような気がします。当時は新規格に以降する為・・・とか言ってたけど、単純にボディだけを大きくすれば良かったのにエンジン型式、ダッシュボード形状などJB1となりすべてが変更されました。工具が入らずタイベル交換が出来ない。コンポ装着では工賃が他の車の倍・・・など問題の多い車なんです。まぁ、作業性の悪さはホンダ車全般に言える事らしい。「もう二度とホンダ車は買わねー」と誓いましたがw

62 015
自分で買ったメーターなら既に装着を諦めるところだけど、今回のは頂きもの。
装着してなかったらヤフ○ク疑惑を持たれるのは確実なので頑張りました。
車のフェンダーを外したのなんて初めて。てか、どうでもイイ車だから何でも出来るし。
エンジンルームからの引き込みを諦め、フェンダー内部を通して車内へと引き込みました。

電源はダッシュボードを外さず、足元に潜り配線を強引に引っ張りだし接続・・・。

62 016
てか、こんな作業はもう二度としたくない。
「俺はドライバーじゃー!」て感じ。

車は大好きだけど、大好きなのは乗る事。イジるのはやっぱり苦手だし時間も掛かりすぎ。
この手の作業は例え工賃が高くても気軽にお店に頼めるような身分にならなくちゃ!と誓う。。。




仙台ハイランドでダンロップタイヤなら58秒台は余裕かなぁ~なんて思ってたら更に上を行く「57秒台」が出ちゃいました。1500万オーバーのスペックVとはいえ、保証付きのノーマル・・・。

悔しいっす。

でもねー、スペックVではオプション設定になったあのダンロップタイヤを素直にストリートラジアルとして認める事が出来ないなぁ・・・。スキール音がまんまセミスリックだし(^^;

*加賀谷センセがなかなかDVDを貸してくれないのでYouTubeより拝借・・・



sugo 1corner
またまた無断で「あかねさんのブログ」からひっぱってきました。すいません・・・。。
(あかねさんのブログはSUGOのHP内TOP画面下方の「SUGOあれこれ」より閲覧できます。)

最終コーナーの改修でコースにバンクが付く・・・という噂があります。

客席を犠牲にしてまでアウト側のエスケープゾーンを確保しより安全性が高くなる事は嬉しい限りです。
でも、広いエスケープゾーンがあるにも関わらずクラッシュ率の高い1コーナーがますます危険になるよなぁ・・・なんて思ってたんです。実際に目の前で宙に舞った車輌を見た事もあります。SUGOの1コーナーは進入の角度が浅いままコースアウトをするとスポンジバリアに一直線・・・という図式です。お金を払って走っているのに大事なマシンをクラッシュさせただでさえ落ち込んでいるところに容赦なくサーキット側から高額な請求書を突きつけられ・・・では割に合いません。

しかし、さすがは国際サーキット「スポーツランドSUGO」

最終コーナーの改修に合わせて1コーナーも改修してました。さすがです!
かゆいところに手が届いてます。これでテク不足、経験不足からくる不安要素がどんどん減ってます。

新生SUGOを早く走りたい! ライフで!!w

不況の影響で今年はこれまで以上にお客さんが減るかなぁ・・・。サーキット側も大変だと思います。でも、スポーツカーに乗ってたりサーキットに興味のある人はまだまだいるはずです。不況の影響が少ない人も世の中にはいっぱいいるはず。サーキット側もこれまで以上に安全性や楽しさ、公道を飛ばすリスク等を上手にアピールする事が出来ればこんなご時世でも走ってくれる人はもっともっと増えるンじゃないかなー?とも思います。タイムを狙わずともSUGOは2本あるストレートを全開で走るだけでも楽しめるサーキットだし。。

とにかく春が待ち遠しいです。
ライフのメンテにも気合いが入るしー♪






新聞でもニュースでも大きく報道され世間を賑わせてしまったワタシが勤める会社・・・。

でも、何か他人事・・・。現に例年通り忙しく働いている訳だし一時帰休もまだまだ継続、おまけに残業ゼロの中でいつも通りの仕事をこなす為に無い知恵を振り絞っている最中。これまで「限界」と思ってたラインも単に自分の中で勝手に線引きしていただけの事。自分の考え一つで可能性はまだまだ無限なんだな~なんて改めて思ったり・・・。

とにかく、今回の製造業を襲った未曾有の大恐慌はここ2~3年を何とか乗り越える事が出来ればまだまだ続くであろう長い人生において良い経験になるんじゃないかな~と思っている。これまでを振り返る時間もあるしこの先を考える時間もあるし。とにかく自由になる時間は学生並みにたくさんある。

ん~、会社の現状はやはり他人事。。

なんせ、ワタシ一人の力ではどうする事も出来ません。経営に参加している訳じゃないし営業に出る訳でもありません。すべて会社任せです。なので、収入も会社頼み。ただし、倒産寸前の会社にでも以前と変わること無く”愛社精神”は忘れずに持っているかなぁ。どんな不満があろうとも現に生活が成り立っているのは会社があっての事。何もせずに報酬だけを貰おうとは考えてません。自分の中では常に倍返しが基本。仕事もせずに文句ばかり言う人間が社内にも外にもたくさん居るけどこの事だけは自慢出来る事。だからこそどんなに辛くても耐えられるし給料が安くても頑張れる。お金が欲しかったらまた別に考えれば良いだけ。

以前、テレビを見ていて納得させられた言葉・・・
「夫婦とは運命共同体では無く、経済共同体である。」

家を買っても車が3台あっても不況でも何とかなっているのはやはり仕事を続けている奥様のおかげ。
子供も学級閉鎖寸前のクラスに居ながらもインフルエンザどころか風邪ひとつひかず学校に通ってくれてます。みんな頑張ってる。お父ちゃんは家族の協力の下、今年こそは期待に答えてタイムを出さないとね♪

ん? 期待はしてないか・・・。
それより「売れ!」とか言われたりして・・・。

もうこれだけ手元にGT-Rが無いと、もう無くてもイイんじゃないかなぁ・・・て思ってしまったり。
「車でストレスを解消!」とか言うくらい別にストレスも溜まってないしなぁ・・・。

さて、どうするか!?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。