上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素人最速決定戦クラス! スタートから3周目まで♪


リーガルレースクラス スタート映像!




スポンサーサイト
57 08057 08257 083
57 08457 08557 086
57 08757 08857 089
57 09057 09257 093
57 09457 09557 096
57 09757 09857 099
57 10057 10157 102
57 10357 10457 105
57 10657 10757 108
57 10957 11057 111
57 11257 11357 114
57 11557 11657 117
57 11857 06557 066
57 06757 06857 069
57 07057 07157 072
57 07357 07457 075
57 07657 00657 007
57 00857 00957 010
57 01157 01257 013
57 01457 01557 016
57 01757 01957 020
57 02157 02257 023
57 02457 02557 026
57 02757 02857 029
57 03057 03157 032
57 03357 03457 035
57 03657 03757 038
57 03957 04057 041
57 04357 04457 045
57 04657 04757 048
57 04957 05257 050
57 05357 05457 055
57 05657 05757 058
57 06457 06157 060

35 145
明日29日に"素人最速決定戦"と題して東北No1決定戦の最終戦が菅生で開催されます!

前戦のハイランドは間に合わなかったものの今回の比較的得意にしている菅生に照準を合わせラジアルレースクラスへの参加を目論んでいたものの・・・

肝心のマシンがありません(涙)

もう二ヶ月も代車のミラに乗っているとGT-Rを所有している事も忘れそうです。
もちろん全く練習もしていないので速く走る事も忘れました。

なので明日は応援と観戦と撮影での参加です。。
いつものド迫力のバトルに期待です♪

明日は子守りデーなので息子と一緒に朝イチから菅生入りします!


毎年この時期に大崎市岩出山(旧岩出山町)で開催される「バルーンフェスタ」に行って来ました♪

計画性が無くいつも行き当たりばったりの行動なので今回は珍しく行く前に情報収集を・・・な~んてしていたら何とバルーン(熱気球)に乗れる!との事。しかし、受付けが朝の6時半からで先着200名限定・・・。さすがにそこまでの行動力は無いので見事に撃沈でした。しかも当日は平野部の天気こそ持ったものの強風で予定されていたイベントはほぼ中止。会場に足を運んだのは初めてだったものの、ワタシが小さい頃からこの時期になると家の上を飛んでいたバルーンを観れる!という事で楽しみにしていただけに残念!

時間を持て余しさてどうするか考えていたらバルーンフェスタの会場に向かっていた時にもう一つ気になる看板があった事を思い出しました。

「ノスタルジックCARいわでやま」

ノスタルジックて何? と横文字に疎いワタシと嫁は理解が出来るはずも無く気にもしませんでしたが、「CAR」くらいは分かります。暇になったし川を挟んだ向かい側が会場だったしで行ってみました♪
56 230

56 231

56 234
ノスタルジックの意味ってフェラーリの事? 農協の駐車場が会場になってましたが、最前列にはドカ~ンと5台も展示してありました。しかもオーナーカーのようです。一番高そうなフェラーリは宮城ナンバー。もちろん1枚100万円のカーボンローターも装着されてます。こんなフェラーリに乗っているのは関東系のIT系な方々ばかりだと思ってたものの、東北にもいるんですねぇ~。何だか嬉しくなりました♪

56 229
目立つ場所にフェラーリが展示してあったので言葉の意味を間違うトコでしたが、本当の”主役”はこの手のクルマでした。ワタシが小学生の頃、兄が”箱スカ”に乗っていた事もあり遊びに来る兄友はみんなこんなクルマに乗っていただけに懐かしい・・・。更に古い車も多数いたものの、懐かしさのあまり見惚れたなぁ。いろんなクルマを撮りたかったものの、どこぞの車屋さんの展示会では無くこのようなオーナーカーの集まり会場では、やはり基本はオーナーの了解を得てから撮った方が・・・と思ってしまったかなぁ。残念! でも、こちらのイベントもバルーンフェスタと合わせて毎年恒例の行事となっているのでまたひとつ楽しみが増えました。20ソアラ連中も普通に展示してあったし33も片足をすでにノスタルジックの部類に突っ込んでいるような気もするのでもしかしたら次は参加出来るかも知れません。箱スカ、ケンメリ、ジャパン、R30、31と歴代のスカイラインと一緒に写真を撮ってみたい気も・・・(^^)

56 227
バルーンフェスタの会場脇にこんな施設もありました。

駐車場は広いし中庭はキレイだし建物内では手作りおもちゃで遊べたりと楽しいトコでした。
知らないだけで探してみると近場でも楽しい場所はあるんですねぇ~♪


出たくても走るマシンが無ければ出れない東北No1決定戦・・・。

出れないなら観るだけでもタイムアップする要素がゴロゴロ転がっているレースなだけに家で腐っている訳にもいかず観戦してきました! いつものオートランド山形が主催するレースでは無く、ピット裏は少々寂しい雰囲気となったものの、出場している方々は相変わらず熱い! 今回は参加台数も多くギャラリーも多数・・・。かなりの盛り上がりでした。ただ、毎回コレクションにしているリザルトがどこにあるか分からずタイムは分からずじまい・・・。後の発表を待ちたいと思います。。

ギャラリー
56 00256 00556 006
56 00656 01056 011
56 01256 01556 019
56 02556 02656 027
56 02856 02956 030
56 03156 03556 036
56 03756 03856 039
56 04056 04156 045
56 04856 04956 051
56 05256 05356 054
56 05556 05656 057
56 05856 05956 065
56 06756 06856 069
56 07156 07256 083
56 08456 08556 086
56 08856 08956 108
56 09056 09156 092
56 09456 09556 096
56 09756 09856 099
56 10056 10356 104

撮り過ぎたかも・・・(^^;)

2008.11.02 Newマシン!
今日、ヴィッツとお別れをしてきました。

何の不満もなくこれまで遠出に買物に私たち家族を楽しませてくれ大活躍でしたが、とある事情から乗り換えを決意しました。事情とは実家の両親・・・。若かりし頃はバイクに車に娯楽の全く無い田舎で育った父は当然のように普及したてのエンジン付きにハマったそうな・・・。その父も70才を超え運転する自信が無くなったのかメインの車を手放してしまったんです。農家なので軽トラックはあるものの軽トラで遠出やドライブは出来ません。リタイヤしてしまったんです。ワタシ自身のクルマ好きは間違いなく父の影響だと思っていたのでその事実は正直ショックでした。

「ならば俺が両親の手となり足となり・・・」

まだ手足になってないので今のところは意気込みだけだけど決意だけはしたつもり。
なので今回は何の不満も無いヴィッツを手放し「ノア」に乗り換えました。
これならウチの家族、兄夫婦+1、両親を乗せて温泉に行けるんです♪

ちなみにワタシが購入する前に実家に住む兄に打診したものの、H2年式のV8クラウンを意地でも乗り続ける覚悟だったので結果、ワタシが折れました。弟は弱い・・・。。

55 128

55 129
奥様は仕事だったので”だいっぺ”とヴィッツで最後のドライブを楽しみました。
いろんな思い出があるだけに”だいっぺ”自身も残念がってたっけ・・・。

55 131
新しいセカンドカーは15年式のノア S Vセレクション

新型が出た今でもまだまだ人気車種なだけに高い! でも、ヴィッツの査定も高かった!w
やっぱディーラーだから??? 最終的には保障内容が魅力で決めました。
GT-Rの修理代は苦にならないもののセカンドカーの修理代は全く出す気になれません。
1年走行距離無制限の保障であき足らず更に延長して3年走行距離無制限の保障を付けてもらいました。
これでエンジン、ミッション、ナビにエンジンスターターまで保障されてます♪

55 132

55 133
もう少し頑張れば中古とはいえ、現行「エルグランド」や「アルファード」に届いたものの、乗るのとローンを払う奥様に反対され5ナンバーのノアになりました。でも、GT-Rに1BOXに世間から見たらとても贅沢な話しです。シートの質感や空間に不満があっても我慢する事にします。3ナンバーサイズのボディに比べ狭いとは言え、5ナンバーで8人が一緒に移動出来るんです。改めて考えてみると凄い事だと思います。普通車では考えられない2列目、3列目もリクライニングする事とトヨタ車特有の上質な乗り心地が相まって"だいっぺ"が爆睡。。

55 130
ウチのヴィッツは何の変哲も無い1000ccのATだったけど、ワインディングでは驚く程の性能でした。
ワイド&ローでショートホイールベース効果だと思う。確かに次元の低い速度だったものの怖さも無くあらゆる道を安心して走る事が出来たなぁ。トータルバランスに優れた車でした。それは夫婦共に認めていて「次はヴィッツRSだ!」と決めていたくらいです。燃費も通勤でリッター12k以下はナシ! 遠出では15k以上は当たり前に走ってました。最高は18kだったかなぁ。

いつかまたヴィッツに戻る! ・・・日が来るかも。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。