上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己ベスト「1分37秒813」のインカー

セクター1 52"936
セクター2 44"877
平均速度 136.335k
最高速度 215.569k

最後まで見てもらえると笑えます。サービスで肉声付き! ホント無意識ですw
先日、ここSUGOで行われたポテンザエキサイティングステージのCクラス優勝タイムでもある念願の1分37秒台を出し興奮状態・・・。 
でも、しっかり後続車輌にラインを譲るマナーだけは忘れてません。
これは話した事も、挨拶さえした事もないMCRの小林代表から教わったマナーです。。




おまけでホントに危なかった時のインカーです。。

アタック中だったのでワタシに焦りがあり不用意に近づき過ぎました。
今考えると、もう少し車間距離を取って余裕を持っていてもパワー差を活かせば立ち上がりでもその先の110Rへのアプローチでも十分に抜けたはず。レースに出ている位のレベルの人ならビタビタで行っても問題ないのですが、どんなレベルなのか分からない人に近づきすぎました。後から丁寧に謝りに来てくれましたが、ピットに戻りすぐに冷静になれたワタシ的には今回はどう考えても後ろが悪い! ワタシも頭を下げ一件落着となりました。完璧にオイルパンがヒットしたと思いましたが、幸いにもマシンにダメージは無くパニックブレーキのお陰で研磨したばっかのローターがまた歪み、ジャダーが復活してしまっただけで済みました(汗) 午後の一発目のアタックだっただけにジャダーの復活は痛かったのですが、オイルパンのヒットで数十万の出費に比べれば安いものです。
ちなみに、油圧は問題無かったのでその場で止まらずに自走でピットまで戻りました。
仮にこの時点で油圧が落ちてたら間違いなくオイル漏れを起こしているので走ってしまうとエンジンにダメージが残ります。オイルを撒き散らしたままコースを走ってしまうと他の方々を危険な目に遭わせるばかりか、サーキット側から驚く位の請求が来るので注意が必要です。。

スポンサーサイト
38 055

行って来ました♪

20日だか30日だか残っている有給を全く使う気のないワタシに与えられた半期に一度のご褒美・・・「計画取得有給」を利用してSUGOを走って来ました。予定では午前中はSUGO、午後からはハイランド・・・と思ってましたが、頭の中だけで考えた仕様変更が大失敗し、午前中の走行を棒に振ってしまいました。なので、昼の休憩中に元の仕様に戻し午後から再度アタックをしてみました。給料日直後でしかも普段の走行料金は異常に高いここSUGOのコースを1周300円で走れるハウマッチ走行会・・・。今回は目標タイムが出るまでトコトン走り続ける覚悟です!

敷居の高いサーキットからか普段はガラガラのハウマッチですが今回は異常なまでの台数が揃いました。軽自動車からエスティマまでトータルで70~80台位はいたでしょうか・・・。自由にピットイン・アウトができるハウマッチ走行会なのでクラス分けもありません。全車、一斉にコースインなので正直、危ない・・・。でも、目の色を変えて走るイベントでも無く、どんな車でも気兼ねなく走れ、また練習するには絶好の機会なので本気アタック組は諦めるしか無いですねぇ~。普段は絶対にサーキットを走らなそうなヤンキーちっくな方々や軽自動車もガンガン走ってたのを拝見し、「公道で無茶をするよりは・・・」となんだか嬉しくも思えました。。

38 050
タイムで一番になれないならせめて入場だけでも一番に・・・と思い、地元の利点を活かし早めにSUGOに向かいましたがこのザマです(涙) 皆さん何時から待ってるんだか・・・。でも、この台数なら余裕でピットを確保出来るので焦りはありませんでした。ナンバーを見ている限り地元勢よりも関東の方々が多かったかな。

38 052
naoさんと撮影班の@がっちさんも参加♪

タイヤのグリップで苦労していたnaoさんでしたが、ダンロップのストリートラジアル最高峰モデル「ディレッザZ1」のしょぼいグリップの噂に「そんなはずがない!」と意気込んでワタシが乗り込みました。インラップで出来るだけタイヤを温め最終コーナーでフィーリングを確認し、いざ1コーナーへ・・・

見事にスピンしましたぁぁぁ!

「こんなタイヤ、絶対に履かねー!!」と、心に決めましたw 
世間の噂ではしっかりタイヤを温め内圧が2.8kになる頃においしくなると言われています。なので、naoさんに我慢の走行ながらブレーキングと加速をメリハリ良くこなしタイヤに熱を入れる目的で連続で10周程度走ってもらいました。でも、気温は20℃もあり路面温度で見たら最低でも1.5倍位でしょうか。タイヤを温める意味では好条件の中でもタイヤの表面に理想なまでの熱は入りませんでした。新品ならもう少しマシだとは思いますが、ドリフトや真夏の耐久くらいにか使えないタイヤでしたねぇ~。Z1でタイムを出している人がいるとしたら最高級に上手です。1周目からガンガン攻められる01Rの感覚に慣れてしまったワタシには使えません(汗) naoさんのマシンでスピンしながらもクラッシュせずコース上に留まる事が出来たのが幸いでした。絶対にコースアウトだけはしたくなかったのでブレーキを踏みステアリングをイン側に思い切り回したらフロントタイヤを軸にクルっと回っただけで済んだんですよねぇ~。ワタシのアタック時の車速と比べるとありえない位のスローペースでしたが、あれはホントに危なかった・・・。

ワタシの方は、購入したマルチリンクスペーサーの装着が出来なかったものの、有効長を短縮しキャスター角をサーキット仕様にしたピロテンションロッドの装着、ブレーキローターの研磨にスリットを追加工、Fタイヤを中古極上01Rにしオイルキャッチタンクを装着と前回の反省を活かし小変更して挑みました。それと、どこかでトラストのオイルパンを擦ってしまい不安があったので車高を1cm程度上げました。

自分の中では小変更だと思っていたのにいざ走ってみたらガラリとハンドリングが変わってしまい苦労した訳です(涙)

トーの変化からかアンダーステアに悩まされタイムアタックをする上では一番大事な3コーナーと最終コーナーで全く踏めない状態・・・。無理にアクセルを入れても前に進まず抵抗が大きい感じで攻める事が出来ませんでした。前日に行われたS耐のタイヤカスがまだかなり残っていて開始早々にオイルを撒いたマシンがいて赤旗中断、コースアウト車輌による土や砂の影響も多少あるもののいつもとマシンの挙動が違う感じ。仕様変更が大失敗でした。

足廻りを元の仕様に戻し午後からも走行を続け最終的に当初の目標タイムでもある「1分37秒台」を出す事が出来ました。苦労した甲斐があった感じです。。。

38-057.jpg

純正キャリパーにアライメントさえ取った事が無いリンク類もノーマル、デフもミッションもファイナルも純正。もちろん軽量化もナシ! GTウイングのみ装着し空力の前後バランスもイマイチながらも37秒台だったら十分でしょう・・・。これ以上欲を出しても待っているのはクラッシュのみのような気がします。インカーをアップするか悩んでますが、今回もホントに危ない場面がありました(汗) これからの課題としては、今回のベストタイムを確立しそれに近いタイムで周回出来るような安定感を求めていきたいですねぇ♪



38 033

次回のサーキット走行に備えあれこれ準備が始まりました。

本日は前回のオベロン走行会時の反省からブレーキング時のジャダー対策として「ピロテンションロッド」を装着。他には純正ローターではパッドの材質や熱に負けて歪みが出る事から材質を硬くしてみた。 いきなりサーキットではまた無駄な走りになってしまいそうで怖かったのでどこかで軽くテスト走行出来ないかあれこれ考えていたら・・・

今夜はGTROCの「スターライトMTG」の開催日だったんですね~。予定では食事後に軽~くツーリングとか言ってたので場所も申し分無く、Newパーツのテストをするには絶好の機会となったんですねぇ~。
待ち合わせ場所のファミレスには32から34までもっと台数が揃っていたものの、峠コースでのツーリング(?)では腕に自信のある者だけが残り・・・。最後は33ばかり4台でのMTGとなりました。ここは民家も無く、車もめったに来なくとても良い場所。SUGOを共に純正タービン+ストリートラジアルタイヤのまま40秒フラットと42秒で走るファイターも揃ってたので話しが尽きる事が無く、とても有意義な時間を過ごせました。GT-Rって走りだけ追求するばかりでなく、ドレスアップパーツも豊富に揃ってるので他の方のマシンを拝見してるだけでも楽しいんですよねぇ~♪ 今回もいろんなプチ情報を頂きました!

37 095
さて、本日装着した車種不明、たぶん日産車用のクスコの「ピロテンションロッド」 
「日産車なら何でも合うだろ~!」と思い安かったので勢いで落札したのが間違いでした(汗)
ロアアーム側の2本のボルトの長さが短くナットがひっかからない・・・(涙) 急遽、部品を抱えチャリで秘密工場へ行き、圧入されている純正のボルトを外しピロの方へと流用しました。購入したからには意地でも装着したくなるのが貧乏魂と言うもの。

37 094
車種が違うとボルトの長さがこんなに違うんです。

37 099
圧入ボルトをいとも簡単に引き抜いてしまう「油圧プレス」

37 102
ピロテンションロッドに純正ボルトを圧入~♪

37 101
んで、無事に装着!

純正で装着されていたテンションロッドに固定されていた「導風板」はあえて装着しませんでした。材質の問題で、あれじゃ200k付近で走っていると風圧に負け役に立たなそうだったから。仮に風圧に負けなくとも少しでもダウンフォースが必要な部分に逆にフロントがリフトしてしまいそうな形状をしている導風板は必要ないでしょう・・・。どうしても風を当てたいならリップから50Φ~80Φ程度のダクトをハブの裏側まで引っ張るのが一番だと思います。。

で、インプレ・・・

ピロテンションロッドはストリートカーには必要ありません。ステアリングに伝わる微振動とダイレクト感が出る事でかなり疲れます。純正のダルさが残るゴムブッシュ製のテンションロッドは良く出来ていると思います。キャスター角を調整出来る事と、フルブレーキング時のアライメントの変化を抑える・・・という事で装着しましたが、あまりにもステアリングに伝わるインフォメーションがリアルすぎて逆に怖ささえ感じます。とりあえず、苦労して装着したので次回の走行はこのままでいきますが、あまりにもサーキットでのフィーリングがわるかったら純正新品に戻すか、キャスター角が適正化されているニスモの強化ゴムブッシュ仕様のテンションロッドにします。そーいえば、僅かなステアリング操作にも反応する事と、ダイレクト感が増した事で乗り心地も悪くなったような気が・・・(涙) 今のトコ、良い印象は無くイマイチな感想しかありません。。

ローターは・・・

「純正が1番!」 硬いローター(CV鋳鉄)はパッドの喰いつきが悪く強烈に踏んであげないと滑っていく感じ。滑らないように強烈に踏んでると体に力が入りすぎるしキャリパーも開いてしまうような雰囲気・・・。例え減りが早いとしても現在装着しているカーボンメタルパッドと相性が良いのは純正ローター材(FC250相当)のご様子です。外した純正ローターの歪みを取る為に研磨してついでにスリットを入れて次回の走行会に備えたいと思います。でも、さすがに純正ブレーキでは限界を感じてしまう今日この頃・・・。

37 088

次はこれを装着・・・。

これを装着すると晴れて2007スペックの完成♪
空力だのキャリパーだの、あんまり一気にやってしまってもつまらないので徐々に・・・。単に一気に買えないだけのような気もw タイムは詰まっている時は楽しいけど伸びなくなったら走りたくなくなるもの。 プロを目指すのでは無くあくまでも趣味のレベルなので常にある程度の余力を残しておく程度が楽しいと思うんです。

あまりにもサーキット仕様の車にしてしまってもこれまた乗るのが楽しくなくなってしまいそうな・・・(^^;)
この先、どこで線を引くか難しい問題ですねぇ~。。。
 

 
すでに何回となく開催されている「ドライビングテクニック向上委員会」の会合が我が家で開催されました。
36 030
今回はOzさんの東北No1決定戦inSUGOのインカーとワタシのオベロン走行会でのインカーを見ながらの反省会となりました。言い訳をするのは情けない男のする事なのであえて何も言わず今回ばかりは謙虚な気持ちになり参加してくれた皆さんの意見を聞きました。

でも、ほんの少しだけ言い訳・・・w サーキットを走行する前は純正ブレンボの性能を全く信用していないのでブレーキのメンテナンスは念入りにしているものの今回は僅かなローターの歪みまでは発見出来ず、当日はジャダーに苦しめられました。ABSも全く作動してくれずブレーキングポイントが・・・。100k付近でのブレーキングは問題無いものの200kオーバーからのブレーキングは別次元なんです。ハイランドでは問題無かった事でもハイスピードコースのSUGOではごまかせないんです。その辺のメンテ不足がバレてきついツッコミが入るかヒヤヒヤでの反省会となりました。

で、結論は・・・

「タイム短縮は人に頼ってはいけません。弱虫な自分との戦いなんです!」

6時間にも及ぶ反省会をしても結局は具体的な対策案が出ませんでした。「あと2秒詰めたいから意見をくれ!」と言ったところで本人が楽をしてタイム短縮を図ろうとしてもどうしようもないんですよねぇ~(汗) ただ、自分自身のテクの甘い部分やまだまだ未熟な部分を知る事が出来たのでとても良い機会となりました。やはり、インカー談義はタイムアップへの近道です!

ワタシ自身の課題が見つかった時期に発売されたのがこれ・・・
36 031
ブレーキングで2秒詰める・・・これを見た時には「んなアホな!」と思わずツッコミを入れてしまいましたが、実際に読んで納得! これまでのワタシのブレーキングは間違ってました(涙) 「ブレーキはフロントで掛けるもの。」なので「フロントだけが効けばイイ。」などと思ってました。なのでこれまではあえて空想距離を設けアクセルオフからエンジンブレーキが効き荷重がしっかりフロントに移動したところでヨイショとブレーキペダルを踏んでいました(汗) しっかり読んで自分のモノに出来た日にゃこりゃホントに2秒アップしちゃいそうな勢いですw それに1人のプロドライバーの意見だったらその人特有の癖もあるので信用性は「?」なんですが、今回は豪華に8人のプロドライバーが登場しています。どのプロドライバーの意見を参考にするかでまた答えが変わる可能性があるものの8人に共通する部分も・・・。今回のレブスピはワタシにとって永久保存版となりました。コーナーリングスピードを今まで以上に上げろといわれても現状でタイヤが悲鳴を上げてれば無理なんです。半年前なら気付いてない課題だったのとても良い時期での特集記事となりました♪

そしてもう1冊・・・
37.jpg
これはかなり前にOzさんが置いていった1999年に発売されたオートジャンブルという外車ばかり掲載されている本です。これも数ヶ月前に読んだ時には内容が理解出来ずチンプンカンプンでした。半年前のワタシに「タイヤの潰し方・・・」とか言われても理解出来るはずもありません。でも、最近ふと思っていた事で、「コーナー内側のタイヤをもっと有効に使えれば高価なデフを入れる事無く更に加速するはず。」 1本のタイヤで加速するより2本のタイヤで加速した方が良いに決まってます。暇潰しに読み返したこの本の中にワタシの悩みの答えがズバリ載ってました。この「荷重の分散方法」もマスターする事が出来ればこれまた確実にタイムアップへと繋がります。この本にもブレーキングの重要性が載ってました。「1mブレーキングを我慢すればコンマ1秒上がる・・・」 さすがにこれは大げさな表現のように思えますが、タイムを狙う上でブレーキングはそれくらい大事なんだと改めて思いました。

という事で、半期に一度だけ使える「計画取得有給」を10月29日にぶつけ午前中はSUGOを、午後からはハイランドを走行したいと思ってます。29日はどちらのサーキットも1周300円で走れる開放デーなのでフルに活用して・・・(^^;

天気に恵まれ有給申請が無事に通ればとても贅沢な1日になりそうです。。

久々に2輪のレースを観に行ったSUGOでの事故により「奥野正雄選手」が亡くなりました。脳ヘルニアで意識不明のまま一ヶ月も頑張りましたが、チャンピオンを目前にし志半ばで生涯を終えました。

「最近のバイクは危ない?」

1100ccを乗っていた経験もあるワタシ的には性能だけが先行し人間のレベルを超えてしまっているとさえ考えていました。なので、ワタシのような常人にはとても扱えない大型バイクを諦め、アクセルをガンガン開けていける250ccのバイクに乗り換えた経緯があります。

奥野選手が闘病している矢先に今度は「沼田憲保選手」のサーキットでの事故死・・・。ワタシの2輪の師匠でもある「Fujiokaさん」の現役時代のライバルでもあり親友でもあった方です。日本でチャンピオンになりGPにまで行った方の事故・・・。考えられませんでした。

「やっぱり何かがおかしい・・・」

不器用なのでさまざまな事を一気に考えられないながらも、SUGOでの奥野選手の事故以来、何日おきかでいろんな事を考えてました。もっと安全をアピールしない事には乗る人間が減るばかりかこれまで愛したバイクを降りる人間だって出て来ます。免許を取るのも至難の業になり乗りたいと思う若者も更に減るでしょう・・・。若い力が出ない事にはいくらトレーニングを積んだとしてもピークをとっくに過ぎた選手がまだまだ頑張らなくてはなりません。悪循環です。。

そのような事を考えている矢先に・・・

今度は「ノリック」こと「阿部典史選手」がサーキットではなく一般道で大型スクーターに乗り事故死・・・。いくら相手のトラックが禁止場所でUターンしてきたとはいえ今回ばかりは呆れました。阿部選手はGP経験を活かしサーキットでの安全性の向上に努めてきた方です。奥野選手の事故後も率先してコースの清掃をしていたと聞きました。沼田さんの事故後もサーキット側に働きかけスポンジバリアを増やしたとも聞きました。まだまだ32才と若い阿部選手のような人が2輪界を引っ張ってより安全性をアピールしていけばバイクも売れるだろうしサーキットに足を運ぶ人も増えるだろうしそうすれば昔のようにまた盛り上がるんじゃないのかなー?などと漠然としながらもそう考えてました。

「ノリック、おまえだけは死んじゃだめだろー!」

他の誰が死んだってイイとは思ってません。小さい体でモンスターマシンを手足のように扱うテクニックに惚れ陰ながら応援していた「加藤大治朗選手」の死から早4年・・・。その後も有名ライダーが何人かこの世を去りました。確かに近所を歩いていても死んでしまう可能性は誰にだってあります。助からない病気だって存在します。命の長さは運命だからしょうがない事かも知れません。いくら鍛えても注意してても誰でも遅かれ早かれ時期が来れば死ぬと思います。大人なので理解も出来ます。でも、全盛期と比べ明らかに下火になっている2輪界を盛り上げる為にはノリックが必要でした。

ショックです・・・。。

32 042
SUGOで撮った600ccのレース画像・・・。この後にクラッシュがあり奥野選手が巻き込まれました。画像には奥野選手と沼田選手もいます。

32 058
ヤマハのトップライダーとして全日本を戦っていた阿部選手のマシン(真ん中)

32 001
はにかんだ笑顔が阿部選手ぽくてワタシ的にはお気に入りの一枚です。目線が無かったり顔がはっきり写ってないと何だかんだと言う人間がいるので表面上はボツにしてました。

残念で仕方がありませんが、バイク界を支え盛り上げてきた阿部選手、沼田選手、奥野選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

日頃から寝ても起きても車にサーキットと家の事を帰り見ない生活ですが、たま~にはお家の事も・・・。

ウチのだいだい君が種をまき大事に育ててきたひまわりも見事な大輪の花をつけ楽しませてくれたものの時期が終わり枯れてしまいました。空いたスペースに次は何を・・・と考えていたんですよねぇ~。ワタシ的には標高の高い山ほどの美しさは望めないものの初夏の新緑や秋の紅葉を楽しめる「もみじ」の木を植えたいなぁ~と思い、暇を見つけてはあちらこちらを探してましたが、これがまた異常に高い・・・(涙) 

思えば、そこそこの広さに並の庭を造ると200~300万円は掛かると聞いていたので庭の無い家を選びました。なので、1本の木が数万円するのも納得です。で、そこでひらめいたワタシ的には出来るだけお金を掛けず美しい木を求めていたので実家に帰った際に庭を物色しました。亡くなった祖母の意思を継ぎ祖母が愛した木々をワタシの手で育てる・・・と、同時にタダで木を手に入れる・・・一石二鳥ですw

実家で見つけたのが「南天(ナンテン)の木」でした。

以前から存在を知っていた木でしたが、さすがにこの木は実家から持ち帰る事が出来ませんでした。「難を転じて福となす」と言われ防火や厄除け、または縁起物として庭や鬼門に植えられている南天ですが、母は「イイヨ♪」と言ってもワタシがこの木を持ち帰った後に実家に難があったらシャレになりませんw 実家からは1m程度に育っていた「もみじ」を貰う事にして南天の木はお店から購入する事にしました。

「南天を植える!」

目標が決まれば後は行動に移すだけ。あやふやな考えのままではいつまで経っても何も決まらず前に進みません。サーキットでのタイムアップも同じ事が言えるのかなぁ~と思いつつ、いろんなお店で探しました。

何件も回りながらもワタシの心に響くようなお目当ての南天を見つける事が出来ない日々でしたが、たまたま近くを通りかかった時に寄ってみた「農業園芸センター」で見つける事が出来ました。そのお値段「3000円」 ワタシ的には4500円から4800円は出しても良いような美しい南天でした。「もっと安くならないの?」とワタシよりもケチな嫁を納得させる為にも「お母さん、もう少しまかりませんか?」と。「高いと思いますか?」とお母さんの反撃w 「いや、安いと思います!」正直でウソを付けないワタシは見事にかけ引きに敗戦し購入を決めました! おじいちゃんおばあちゃん達が集う農業園芸センターで若者(?)が本気で庭木を探している姿はたぶん浮きまくりだったと思いますが、ここで最高の南天に出会う事ができました!

36 034
庭が無いので限られたスペースを有効に使わなくてはなりません。。

36 037
晴れて購入した南天を植えていたら、お向かいのお母さんが来て「ウチにもあるのよ♪」と申してました。お隣の庭を眺めていたらやっぱりありました。実はご近所さんの庭は南天だらけです。ワタシとしては久々にヒットしたひらめきでしたが、南天効果は実家も含め仙台あたりでもみんな知ってるんですね~(汗)

*南天(ナンテン) 
葉が紅葉しない白南天や実が赤く葉が紅葉する赤南天などがある。
メギ科に属する常緑低木 古来中国から薬用、観賞用として伝来 国内では暖地に自生
実を乾燥させ咳止めに使う。葉はナンジニンを含み殺菌効果がある事で知られる。
福寿草の花と南天の実は「難を転じて福となす」と言われ古くから縁起物とされる。
神社に多く植えられ京都の金閣寺の床柱は南天材が使われている。
初夏に咲く可憐な白い花の花言葉は「私の愛は増すばかり・・・」

最高の庭木ですが、花言葉だけは何か微妙・・・(^^;)
お気に入りの木を植えそれを「ボケ~」っと眺めているだけでも気持ちが癒されますねぇ~。。。

2007.10.08 RGF走行会♪
37 12
福島県の二本松にある金澤さん率いる「RGF」の走行会を見学して来ました♪

今年の正月にエビスの西コースを走った時に声をかけて頂いたMCRチューンの「RAN OFFさん」が走るという事で偵察ですw RAN OFFさん・・・白の33Rにお乗りでワタシと同じく家族を持ちながらも定期的にサーキットを走っている方です。本日も家族サービスや奥様への対応や騙し方(?)も含め、とっても内容の濃いお話しをさせて頂きました♪ お金が有り余ってる環境なら何も問題ないのですが、無いお金をやりくりしながらタイムを狙いにいきたいワタシ的にはRAN OFFさんのように頑張っている方のお話しはとても参考になるんです♪

37 1
RAN OFFさん・・・音も走りもとても熱い方です!

37 5
PITがRAN OFFさんの隣でおまけにとても明るい方だったのですぐに仲良くなったVスペⅡニュルさんです。限定カラーといいブラックのニスモホイールといい前後のブレーキといい完璧でワタシ的にはストライクのマシンでした。おまけにVカムまで装着されてました。ワタシだったら磨きまくりでサーキットなど絶対に走らせませんがこの方はガンガン走りまくりで最終コーナーではスピンまで・・・(汗)

37 10
朝イチから思わずワイルドスピードを彷彿させられました(汗) オーナーは黒人さんです。 一見、マフィア?かと思ってしまう外見とは裏腹に立派な英語教師をされている方でした。とってもフレンドリーな方でサーキットも楽しんでました♪ このマシン、MCRのデモカースペックといってたような・・・エイゴワカリマセ~ン(アセ)

本日のギャラリー
37 2

37 3

37 7

37 6

37 8

37 11

ただひたすらにタイムを狙う走行にエクスタシーを感じるワタシですが、今回拝見したRGFの走行会のようにお客さんが和気あいあいで楽しみながら走るお祭り感覚の走行会もまた楽しいなぁ・・・と思いました。本日はあいにくのウェット路面でしたが、くるくる回ってしまっても広いコース幅に助けられダメージなどありません。マシンの性能や挙動、または限界を知るのには最高の機会になったんじゃないですかねぇ~。ワタシ的にも一緒に走れなかったのは残念でしたが、女房子供が起きる前に内緒で行った甲斐がありました♪
36 030
今回、最低でも37秒台を目標に準備をしていながらも38秒を切れなかった事からワタシのスペシャルアドバイザーにお集まり頂き深夜の反省会を開催しました。正直、今は出口の見えないトンネルにでも入り込んだ感じで藁にもすがる想いでした。ワタシも理論は持ってますが、経験も知識も更に上の方にアドバイスをしてもらえば必ずやトンネルの出口も見えるはず。

でも、ダメですね。

考えが甘かったような・・・。ワタシのマシンはmax560馬力あります。タコメーターの針が3000を指していればトルクが50kもあるマシンはやはり乗った事がある人間でないと理解に苦しむのかなぁ~と。10年以上の経験がありSUGOを1000周以上もの走行経験がある”Ozさん”でさえワタシが最終コーナーの立ち上がりで160km、ダンロップブリッジ下で200km、ホームストレートエンドで240km出てるという事実を全く信用してくれません(汗) 純正の17インチから18インチに交換しタイヤ外径が変化したとはいえ誤差は2%未満・・・。確かに精度の問題がある針のニスモメーターの誤差を考えても200km付近で20kも30kも狂っているとは思えないんですけど。

まぁ、10ヶ月前にはハイランドで2分17秒しか出せなかったワタシの理論や意見などを聞く耳を持ってないんでしょう。気持ちは分からないでもないんですけどw しかし、たった数ヶ月を過ごすだけで激変する事もあると思うんです。それが、人間の素晴らしい部分でもあります。1年365日の間にタイムアップする為に多くの時間を費やし努力を続けてきた人間とただ流れに任せて過ごしてきた人間とでは大きな差が出ると思います。まぁ、これだけはあれこれ言ってもしょうがない部分もあるので、やはり「結果」を出す事で認められる部分なんでしょう・・・。

今回の反省会ではテクニックの向上はナシ!
しかし、次回の
... 続きを読む
走って来ました!>オベロン走行会

                   ↑画像提供 tomoさん♪

9月2日に行われた「ポテンザエキサイティングステージ」は技能検定の試験で出場出来ず、先週の「東北No1決定戦」は撮影と観戦に専念した為、SUGOは2月以来の久々の走行となりました。その時はあっさり当初の目標だった区切りの100秒切りを果たしあとは次の目標でもある37秒台をいつ出すか・・・だけでした。今思えば100秒切りを果たした時点ですでにSUGOをナメてました。2輪で何年もSUGOばかりを走っていたので「タイムを詰める作業は難しい」と分かっていながらも「俺なら出せる!」と、心のどこかで思っていたのかも知れません。なので、2月以来SUGOを走らず走行経験が無かったハイランドばかり走行していました。

ワタシの心のどこかに潜んでいたその余裕が災いし本日の結果に・・・(涙)

36 001
家が仙台市内という事でSUGOは近いので6時半起きの7時前には出発しました。7時半には裏ゲートに着いたのですが、このありさまです(汗) 左側にも並んでいたので軽く30台以上・・・。ピットは30台分しか無かったのでこの時点で勝負ありでした(涙) 小心者のワタシは積載に積まれているとなぜか速い車に思えてしまい・・・。走行前からビビってしまい平常心を忘れてゲートオープンを待っている時点で緊張しまくりでした。。

ゲートをくぐりコースへ到着してみると予想通りピットはすでに埋まりヘコんでいたら・・・救いの神を発見♪ 「おいでおいで♪」の手招きをしている方へ行ってみると「タカマ」のAさんがピットを譲ってくれました。中学の先輩で野球部でもお世話になった方です。「5000円でイイよ♪」 朝イチから絶対服従をしなければならない野球部先輩の軽いイジメ・・・。本日はワタシの笑顔でごまかしましたw

本日はマナーの良さと走りやすさから熱く希望していた最速クラスの枠で走行しましたが、参加台数はトータルで110台弱・・・。3クラスに分けたとはいえ、最速クラスでも35台が一斉にスタートです。おまけに天気予報が外れぐずついた天気・・・。時折ポツポツと雨が降る天気でしたが、条件は先日のPES(ポテンザエキサイティングステージ)の時と全く同じ・・・。自分のタイムをPESのリザルトに重ねるには絶好の走行条件となりました。てか、当初は「台数が集まってないから走りやすいよ♪」と聞いたのでエントリーをしたんですけど・・・(汗)

1本目・・・
中途半端な雨が降った事で砂が浮いているとの情報があり軽く走りながらもあっさり39秒フラットをマーク。迷ったタイヤも中古極上タイヤに交換せずあえて溝ナシを選びましたが、やはりここSUGOでは好フィール。ストリートラジアル特有の旋回時のウニョウニョ感が無く、タイヤの剛性感が出る印象があります。SUGOの新路面は大手2輪メーカーの資本が入った事で安全性を追求した事と国際サーキットの名に恥じないレーシングタイヤ本来のスリックでこそ本領を発揮してくれそうな感じ。なのでストリートタイヤといえども溝は無ければ無いほど好フィールなんです。。

2本目・・・
あっさり39秒フラットが出た事でどこまでタイムが伸びるか自分でもワクワクしてました。37秒台は確実でもしかしたら・・・とまで想像してました。たぶん、その余裕がダメだったんでしょう・・・。ドライビングに力が入りリズムが狂っているのがはっきり分かりました。自分で分かっていてもその時点ではどうする事が出来ませんでした。ここら辺の甘さが「経験」の差なんでしょう・・・。路面状況も良く気温も上がっていない。台数の割にはクリアも取れる。ブレーキは相変わらず効かないながらもブーストを常時1.4kまで上げたマシンはかなり速い。ベストを更新するには最高の条件ながらタイムは38秒501と全く伸びませんでした(涙) アタックが終わり戻ってきた時点で雨が降ってきたのでこの結果に当然の如くヘコみました。平均速度をあと1k上げる事が出来れば余裕で37秒台でしたが、そこが大きな「壁」なんでしょう・・・。

3本目・・・
ハーフウェット路面だったので軽く流して終わり・・・。
高速セクションでのコースアウト車輌が多数出たので早々に諦めました(涙)

これまで「SUGOはハイランドに比べてコースが単純なので簡単!」と言ってきました。
2輪で走っていた事から「余裕」があっての言葉だったと思います。初心に戻り、更にコース攻略をイチから練り直さなくては・・・。走行中、ジリジリと離されていく屈辱も初めて味わいました。レベルの高い走りを目の前で見せつけられ悔しい想いで当分の間は枕を濡らす事でしょう・・・。ハイランドでのベスト更新と合わせ11月末まで何とかイメージ通りに走行し、SUGOでもベストを更新して2007年度を終了したいと思います。
まずはオベロン走行会の反省から(汗)

おまけ・・・
36 020
恒例の大鍋で作った「芋煮」が全員に無料で振舞われた事からピットが芋煮会の会場に・・・w

36 022
naoさんジュニアのはるっち君と久々に再会しウチのだいだい君も楽しく過ごせました♪
タイムを出なかった悔しさも子供達の無邪気な笑顔で救われたような気がします。
家族に心配をかける事なくまた自走で無事に家に帰って来れただけでも幸せな事です。

当初は「クラッシュしてでもタイムを出す!」と意気込んでましたが、車を壊さず元気に仕事をしていればベストを更新する機会はこの先もまだまだあるはずです。。

36 029
ウチの奥さんのメインイベントだった閉会式でのじゃんけん大会でこんなにゲットしました♪ 
オベロンのワッペンを貼る為にレーシングスーツを買わないと・・・w

36 025
最後にtomo号、はるP号と一緒に記念撮影!
美しい34に囲まれワタシの33もご満悦です♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。