上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
73 036
地元SUGOで行われた「GT選手権」のイベントの中に「カート教室」がありました。

ハミルトン親子に憧れるワタシ的にはGTの本予選より大事なイベントです。
無料だったので大人気だったものの、数少ない枠を手に入れARTA所属の若手ドライバー直々に
カートの操作方法を教えて頂きました。こちらも無料のキッズピットウォークをはじめGTは本当に
子供たちを大事にしてくれます。モータースポーツの火を消さない為にも当然の事とはいえ、
感激さえしてしまいます。各チームからもお土産をいっぱい頂きまた思い出深い1日となりました♪

73 037
ハミルトン・パパに憧れるワタシ的には甘っちょろい教えの若手ドライバーから先生役を奪い取り、
ワタシの知識を息子に伝授しました。ほとんどのカートのブレーキはリアにしかありません。
右足で操作するアクセルを抜いてから左足でのブレーキングでは荷重がフロントに乗ってしまうので
ブレーキの効きが甘くなったり簡単にロックしてしまいます。両方の足を使えるメリットを最大限に
活かすよう熱血指導しました。お父ちゃんもサーキットに行けばコンマ数秒単位の戦いをしています。
いつまでこの命が続くのか予想できません。今のうちに持っている知識をすべて息子に・・・と。。

73 038
お父ちゃんの熱血指導の成果か、気分はすでにハミルトンばりのコーナーリングを披露・・・。
姿勢も悪くないしステアリングさばきも完璧だし何よりも次のコーナーを狙う視線がイイ感じ。
次のステップではフロントタイヤを使った車速コントロールのテクニックを教え込む予定です。。

犬の散歩・・・とか笑ってる人がいたけど気分はもうハミルトン親子なので無視w

73 039

73 040
一流のレーサーになるとお金がいっぱい貰えるしこんなキレイなおねえさん達と
仲良しになれたりと良い事づくしです。ここも大事な事なのでしっかり息子に伝えました。

ワタシの息子なのでお金よりもおねーちゃんネタの方に喰い付いて
「カートに乗る!」とか言い出したりして・・・(^^;



スポンサーサイト
2008.05.25 運動会♪
50 004
ついこの間産まれたと思っていたらあっという間に小学校に入学し今度は運動会・・・。
人んチの子の成長の早さにはいつも驚かされますが、毎日のように見ているウチの子も成長が早い。
このままの調子で何も手がかからずに勝手に大きくなってくれれば親としてはどんなに楽な事か・・・(^^;

ほとんどの子が学区内の幼稚園や保育園上がりの中、一人で飛び込んだ小学校・・・。
親の心配はよそに短い期間の中で圧倒的に不利な環境でも見事に溶け込んでました。
さすが、大人とは違う子供の適応能力や順応性の高さには驚かされました。
親の勝手な事情で保育園のお友達達と離してしまったので少しばかり安心したかなぁ。。

で、産まれてきた子供が「普通」だと親としてはあらゆる事に対して期待をしてしまいがち。
テストがあれば100点を期待し走れば1等賞を期待し発表会では主役の座を・・・。
でも、元気に「普通」にさえ生活出来ていればこれ以上の幸せは無いと思うんです。
親が果たせなかった夢や自らの願望を子供に押し付けるのも酷な話しです。。

と、思うのもワタシの独身時代の生活は乱れてました。
仕事以上に「遊び」がメインで三男坊という事で親元を離れ仙台で独り暮らし・・・。
物心ついた頃から何かと口うるさかった親元を離れた事で羽を伸ばしていたような気がします。
平日なのに朝まで酒を飲む事もあれば食事はコンビニ弁当かハンバーガー。
常に寝不足状態でも誘われればまた遊びに行ってしまう始末・・・。

「俺からまともな子は産まれないなぁ・・・」

いつも思っていた事でした。。
親元で生活している時は祖父母もいた事で昔話しもよく聞かされていました。ワタシ自身、豊かな時代の中で生活している事に感謝していた事も確かな事実です。でも、豊かな時代・・・または豊かさを求めたが故の落とし穴もたくさんあるようにも思えます。食べ物でいうと素材には農薬が使われ一旦調理されると化学調味料や食品添加物が含まれ、おまけに慢性的な運動不足・・・。 一昔前には考えられなかったような病気の若年齢化などがその落とし穴のひとつだとも思います。なので、当時好き勝手に生活していたワタシ的には兄が家を継いでくれて無事に子供も作ったし実家を離れた身としてはこのまま結婚もせず自由に暮らしてもバチは当たらないはず・・・と思っていたんです。

それが、なんでか子供が出来て結婚・・・。

ふと流されて生活をしていると子供に対してあらゆる要求をしてしまいます。
自分の思い通りにならないと怒ってしまう事もあります。
でも、産まれた時に手足がちゃんと付いていた事や極々普通に人間の形をしていた時にはそれまで経験をした事が無い位の感動をしました。これまでの父親の不摂生が祟り絶対に何かしらの障害や病気を持って産まれてくると予想をしていただけに自分が想像していた以上の感動をした覚えがあります。イライラした時にはその時の感動を思い出す事にしています。あの感動を思い出すと「普通でイイよ♪」「普通が一番!」と優しい気持ちになれるんです。ワタシにとってその「普通」とはとても低いレベルです。漢字を書けなくとも計算が出来なくとも目が見えて自らの足で立ちまた両手を自由に使えるだけでもとても幸せな事だと思うんです。

今日の運動会では元気いっぱいに校庭を走りました。
これまで病気もせず無事に小学校に入学し運動会では元気に走れた事だけでもありがたい事です。

一生懸命に役割をこなし校庭を思いっきり駆け回る我が子を見て少々感動を覚えました。
なのでいつにも増して今回の記事はよりシリアスな雰囲気で書いてみました(^^;

2008.04.10 入学式!
45 109
6年間の保育園生活を終え小学校に入学をしました。

保育園時代のお友達は誰一人いません。どこか浮かない緊張した表情のまま過ごした入学式でした。緊張したのは親も一緒。保育園の雰囲気とはまるで違いあまりにも自由な親が多くて驚き! 「サングラスを取れ!」「帽子を取れ!」「ボタンを締めろ!」と説教をしたくなるような人がいたし。教室に入った瞬間、この土地に家を購入した事を少しだけ後悔したりして・・・。

「子供と共に成長する・・・」

人間は24~5才にもなるとある程度の事を経験し自分の考えもしっかりしてきます。そうなると人間として完璧になった・・・と思ってしまいがち。少なくともワタシはそう思ってましたし実際にそうでした。でも、柔軟な考えを持ち更に世間に目を向けると何才になってたとしても自分の未熟さに気付く事と思います。その未熟さに気付いた人だけが更に成長する事が出来るんでしょう・・・。昨日より今日、今日より明日。だいだい君が一生懸命に頑張ってるんだから親のワタシはもっと頑張らなくてはなりません。。

「絶対にタイムアップするぞー!」

てか、心配性のワタシに限り神経を別の方へ向けないと子供を必要以上に過保護に育ててしまいそうで怖いんです。趣味が何も無く子育てばかりに情熱を向けてしまうと教室まで付いていってしまいそうなので・・・。ワタシの場合は自分の趣味に走っているくらいが丁度良いみたいです(^^;




049.jpg
ウチの”だいっぺ君”がこの春からいよいよ小学生となります。

0才の頃からお世話になった保育園から旅立ち、更には実の兄弟のように慣れ親しんだお友達みんなともお別れとなってしまいます。残念ながら引っ越した影響で現在通っている保育園からだいっぺ君と同じ小学校へ行く子はいませんでした。まぁ、上っ面だけで付き合う大人の世界とは違い、まだまだ裏表の無い無邪気な子供の事です。ワタシに似てしまったせいか気が弱い面があるので心配な事もあるものの、徐々に新生活に慣れていけばすぐに気の合う仲間が出来る事でしょう・・・。

で、まだまだ共働きを続けるという事で、だいっぺ君は「児童館」という施設のサービスを受ける事になりました。小学校は早い時間に終わってしまいます。6才の子が一人で家に帰り何時間も親の帰りを待つ・・・という訳にもいきません。子育て支援の一環で充実したサービスがあったんです。さすが、住民税が異常に高い仙台市だけの事はあります。

あとは無事に誰かがランドセルや机を買ってくれれば何も問題ナシ!

となるはずが・・・

先日、児童館の説明を受けに行ってきました。帰りの早いワタシも迎えに行く事があるだろうと思い、軽い気持ちで説明を受けるつもりでした。ついでに、カワイイくてキレイな奥様も見れるしお近づきになるかもしれないし。出会いなんてどこに転がっているか分からないですからw

しかし、説明が進むにつれ大混乱・・・。児童館のおやつが必要だとか必要じゃないとか・・・。そんないざこざをわざわざ聞きに来た訳では無く、キレイな奥さんを見に来ただけなので迷惑!て感じ。多数決で負けてもまだブツブツ言ってる人が何人かいます。「何か嫌な事があったの?」「家庭に不満でも?」「旦那様が相手してくんない?」 熱いバトルを見ながらいろんな想像をしてしまいます。まぁ、ウチ的にも人様の心配をしている場合では無いんですけど。。
児童館にお世話になる子供の親は仕事を持っているしキレイな服も着てるし高価なバッグも持ってるので決してお金が無い訳では無いみたい。じゃーしつけの面でおやつは禁止にしたいのかなぁ? 虫歯の問題もあるしアレルギーの問題もある。でも、子供からおやつを奪うのはあまりにも可愛そう。楽しみを奪われる感じ。

てか、子供たちの意見は???

今回はドラマでしか見た事がないような教育ママを直に拝見する事が出来ました。
ワタシの小さい頃と比べると驚きだし想像もつかないような意見がバンバン飛び交いました。

親が児童館にお世話になる訳じゃないのになぁ・・・。 小さい子供でも意外としっかりしてるし、あれこれうるさい事を言わなくとも勝手に育ってくれると思うんです。漢字を書けなくともそこそこの常識さえあれば生きていけるし。ワタシ自身、子育てについてあれこれ悩んだ時期もあったものの今は何となく肩の力を抜いてます。悩んでいる親以上に子供がストレスを感じてしまう・・・と思ったから。それに、普段から常にサーキットの事だけ考えてないとこの先タイムアップしないし。

バトルした奥さま方、子育てに気合い入りすぎ!www



ワタシのメインイベントは「MCR走行会」の見学でしたが、息子のメインは動物観察だったのでエビスサーキット内にある動物園?に寄りました。鬼嫁に行き先を問い詰められ「エビス・・・」と正直に言ったらだいだい君の方が反応してしまったんです。3年前だったか4年前だったかに行った時の事を未だに覚えていたんです。「行きたい・・・」とだいだい君。寒さに弱い奥様は留守番を決め込んだお陰で今回は男二人旅となりました。

猛獣のライオンもトラも寒さに弱いと思っていたのでてっきりいないかと思いきや小雪の舞う中、普通に外にいましたw

007.jpg
後ろにいたメスのライオンが前足でちょっかいを出していたので怖さのあまり顔が引きつってますw

009.jpg
人に馴れているのか間近でレッサーパンダを見る事が出来てだいだい君よりもワタシの方が感動・・・。今年の夏に仙台にある八木山動物園の数日間限定の夜間営業日に行った時にはレッサーパンダは見事に爆睡してました。大勢のお客さんなんかまるで無視です(当たり前なんだけどw)。なのであまり良いイメージを持ってなかったせいかこの日は強烈に感動してしまいました。。

008.jpg
東北サファリパークは貴重な白いカンガルーがいるのが売りですが、白タヌキといい何とも言えない違和感があったので撮影はしませんでした。なので、普通の色のワラビーを撮影・・・。あ! 白タイガーは顔の模様が強烈にカッコ良かったのですが、寒さのあまり隠れて姿を見せてはくれませんでした。残念!

005.jpg
記念にお約束の一枚を・・・w

息子と二人でこれだけ遠くへドライブしたのは初めてでした。仕事が終わるのが早いワタシ的には普段から普通のお父さんよりも会話をしていると思ってました。でも、実際は知らない事だらけだったんです。保育園の事、お友達の事、好きな女の子の事・・・。男同士、いろんな話しをする事が出来ました。産まれてきてからまだたったの6年間・・・。でも、子供なりにいろんな事を考えていたり自分の意見を持っているのには正直驚かされました。もう立派な一人の人間なんですよねぇ~。今回はとても貴重な時間を過ごせた感じがしました。たまにはイイですねぇ~>男同士の二人旅

余談・・・

入場ゲートに到着した時点でワタシの所持金は3000円・・・。入場料が二人で2500円・・・。サファリパーク内でお昼ゴハンを食べれませんでした。正直者のだいだい君は家に帰り母親に詳しくご報告・・・。
最後の最後にビンボー過ぎる最低な父親ぶりを披露してしまいました(涙)

これからは息子と出かける時にはお弁当を作ってもらうようにします(^^;




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。