上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.06 GT-R meeting
R meeting 001
5月5日にSUGOで開催された”GT-R meeting”に行ってきました!
100台参加とは聞いていたものの、これだけの台数が揃うと感動です。

R meeting 002
今回の協力ショップ「MCR」のデモカー
サーキットでは何度も拝見してましたが、今回やっと小林さんに挨拶できました。
見た目の威圧感からかこれまでは避けてましたが実はとても気さくな方でした。
デモカーの35をじっくりと見させて頂きました♪

R meeting 005
「RGF」代表の金澤さん!
今回、一番の大所帯でサーキット走行をしてました。
エビスでも見た事があるGT-Rが何台も・・・。


R meeting 003

R meeting 004
地元「スクリーン」からは2台のデモカーが参加してました!
20℃を超える気温の中、35が33秒台で34が34秒台・・・
アタックシーズンだったらいったいどこまでタイムが出てしまうんでしょ???

R meeting 006
ワタシの強力なライバル?「Kii R35」さんも参加してました!
今回はお遊び走行会だったのであれこれお話しもさせて頂きました。
500馬力チョイでここSUGOのベストが33秒台と聞き意気消沈・・・
ライバルと思っていた自分がアホでした(汗)

R meeting 007
元楽天イーグルスのピッチャー「戸叶さん」
このマシンで普通に街乗りしてます。
以前近所のスタンドで遭遇しましたw


inoさんの画像がない・・・(汗)


R meeting 008
勝手に選んだ一般参加者の一等賞!

R meeting 009
女房に監視されながらもレースクイーンの撮影会にも参加w

今回は子供の日という事でキッズカートやキッズバイクのスクールも無料で開催されました。
来年の開催も約束してくれたので今年以上に盛り上がると楽しいですよねぇ~。
開催日時しだいでは関東勢ももっと参加してくれると思うので期待です。

それにしても走りたかった・・・(涙)





スポンサーサイト
74 150
今回のパッドは”winmax ARMA SSversion”

ミニサーキット走行をメインとしながらもSタイヤ専用のアルマシリーズでも1番ハードなパッドです。
レースで使うなら迷う事なく上級モデルの”ゼロス”になるものの、今回はゼロスを使う前の
基準作りの為にアルマを使う事にしました。価格の面でも各地での実績でも文句ナシのパッドです。

サーキットをメインに新しいパッドを発表したエンドレス製は納期の問題で却下でした。
F50キャリパー用の在庫は一切持たず受注生産で納期は3週間~1ヶ月との事でした。
ウィンマックスも在庫は持たないものの、今回は走行予定がありその旨を伝えたら、
僅か1週間足らずで到着しちゃいました。フットワークの軽さはウィンマックスに軍配です。

ただ、エンドレスの新しい磨材を使ったサーキット専用パッドの評判もかなりイイので
使ってみようと思ってます。アルマと同じく定価は2マソそこそこの金額だし。。

F50キャリパーは溢れているのでパッドは苦労せず手に入れられると思っていたものの、
そのほとんどが受注生産品でした。これからは常に在庫も考えなくてはなりませんねぇ~。

74 151
役目を終えたニスモの”R-tune”パッド。

サーキットはもちろんの事、フルコースでの10周レースでも街乗りでも使える魔法のパッドでした。
プレートの焼けもありません。パッド自体に熱がこもらず放熱性が良いのでフェード知らず。
効き自体は少々甘いもののコントロール性に優れ結果速いコーナーリングが可能になります。

さすがにニスモ製品とあって価格の面で難があるものの、とにかく凄いパッドでした!

74 152
リアは某オクで叩き売りをしていたトラスト製からアルマへ。

効きはCC-RやCC-Xと同レベル・・・との謳い文句と新品7000円という価格に
騙されての購入だったものの、特に不満はありませんでした。
サーキットでローターが青く輝くのがカッコ良かった・・・。

パッドも新調したし9月5日のポテンザ・エキサイティングステージ菅生決戦が楽しみとなりました♪


2009.08.17 ハイパコ!
74 034
念願の”ハイパコ”を遂に装着♪

でも、高くて買えないのでお友達からレンタル・・・。しかもフロントのみ!
これまで違和感があったのはフロントだけでリアは全く問題ナシ。なので、まずはフロントを何とか
したいと思っていたので最高のタイミングでテスト出来そう。必ずやイメージ通りになるはず。。

予想外だったのはストリート。しなやかに動くのには間違いないけどやはりサーキットよりのサス。
間違ってもストリートでは使わない方が無難のようです。同じレートならスイフトの方が遙かに○
ただ、少々乗り心地を犠牲にしてもダイレクト感やシャープさが欲しい・・・という人にはお勧めかなぁ。

「もしかして・・・」と淡い期待があったものの、ハイパコでの乗り心地アップはありえない話しでした。
まぁ、菅生のSPインと最終コーナーでのフィーリングアップが狙いなので乗り心地はどうでもイイ問題。

74 035
アペ足の吊るしのサスと見た目は全く一緒。巻き数も線径もエンドの仕上げも驚くほど似ていながら
車の動きや乗り心地等のフィーリングは誰でも体感できるほど全くの別物でした。
ドライバーの未熟さをカバーしてくれるほどのサスなら高くても「買い!」でしょう・・・。

もう少し馴染ませてからアライメントをとってサーキットでテスト! 楽しみ♪


69 012
↑のレースでポールポジションからスタートした方のブログ♪

http://minkara.carview.co.jp/userid/377850/blog/

実際にハイランドでアドバイスを頂きましたが、ブログも拝見しいろいろと参考にさせてもらってます。
普通、苦労して得たノウハウはブログなどで簡単に公開する事はご法度だと思ってました。
お店だって商売だし経営者や従業員の生活だってある。公開したところで収入が増えない事はない。
ヨソのショップ関係者や素人連中に散々ノウハウだけ盗まれて後は知らんぷりされるだけだと思う。
でも、商売では無く趣味の延長で走らせていれば話しは別です。だからこそ公開しているのかなぁ。

ノウハウの公開はワタシのように経験も資金も少ないドライバーには本当にありがたい事です。

実はこれまであまりにも情報が少なすぎて未だに次期バネレートが決まりません。
ドライビング以外にも車の悪い部分を知りながらもどうしたらイイものか全く出口が見えない感じ。
散々世話になりながらもお店では実際に車を走らせている訳じゃないので聞くに聞けない状態・・・。
ましてやタイヤのグリップとサーキットの路面は年々変わるので実際に走っているトコが絶対に強い!

切羽詰まって陰に陰に考えてしまうけど、これまでいろんな方から頂いたアドバイスを基に、
絶対に出口を見つけてやる~!て感じ。という事で、仕事を頑張る前にまずサーキットタイム♪

仕事は後でも頑張れる!と思う・・・(^^;

69 017
ブレーキトラブルを回避するべく「ブレーキダクト」を装着しました!

材料はホームセンターで売っている「アルミ・フレキ」と呼ばれるもの。
なんでも素材が柔らかすぎてすぐに穴が開くとか・・・。

でも、今回はあくまでも効果の検証なので数万円のホースは避けました。
効果があり、装着方法と完璧な取り回しが決まったら「本物」を購入します。

最初は何も考えず75Φを購入したものの、純正ダクト径に合わずに100Φに変更・・・。
700円を惜しんでレシートを持っていき交換してもらいました。嫌な客です・・・(汗)

69 018
後期リップスポイラーに合わせてダクトも後期用を装着してました。
しかし、これが役立たず・・・。ホースを繋ぐにも形状が四角なのでどうにもなりません。
今回は安い材料であくまでも「暫定」なので強引にタイラップ止めとなりました。

装着していて気付いた事だけど、最初は太ければ太いほど多くの空気を送り込める・・・
などと安易な考えと純正のダクト形状から100Φを選択。

理想はキャリパー冷却よりもメーカー欠品中のハブと常時赤熱するローターの冷却に的を絞りました。

しかし、ハブもローターも走行中は回転しています。その回転力に送り込む空気の流速が遅いと弾かれてしまうような・・・。純正ダクトは「さすが!」の形状をしています。リップの大きい取り込み口にはじまり中に向かうほど径が絞られるファンネル形状で流速を一気に高める形状です。ただ、その先は更に流速を高める意味でもホース径はせいぜい50~60Φで留めるべき。じゃないとハブやローターの回転力に負け、せっかくのフレッシュエアが弾き飛ばされてしまいます。。

時すでに遅し・・・(滝汗)

69 019
レースは水曜日に迫っているので今回はこのままの仕様でレースです♪

オイル交換をしに「ジーイング」へ行ったら「飾り?」とか言われてヘコんだり・・・。
次こそはもう少しまともなダクトを作りたいなぁ~と。いつになるか分からないけど。。

とりあえず、SUGOのストレートでダクトがどこかに飛んで行かず10周レースを走りきれる事を祈るのみ(^^;



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。